BBCが“イルミナティ実在の事実”を徹底報道! 創設者はヴァイスハウプト、発祥の地も判明「今も会合が開かれている」

BBCがイルミナティ実在の事実を徹底報道! 創設者はヴァイスハウプト、発祥の地も判明「今も会合が開かれている」の画像1画像は「My Joy Online」より引用

 独バイエルン州の都市インゴルシュタット。高級自動車メーカー「アウディ」の本社があることで有名だが、実はこの小都市で、世界を裏から牛耳っているといわれる悪魔崇拝秘密組織「イルミナティ」の会合が開かれていると噂されているのだ。


■イルミナティの生誕地

BBCがイルミナティ実在の事実を徹底報道! 創設者はヴァイスハウプト、発祥の地も判明「今も会合が開かれている」の画像2アダム・ヴァイスハウプト「Wikipedia」より引用

 英国営ニュース「BBC」(11月28日付)によると、同地の修道女アンナは、今もインゴルシュタットでイルミナティの会合が開かれていると信じて疑っていないという。

「具体的な場所や日時は分かりませんが、なんらかの会合がここで開かれていると聞いたことがあります。(中略)“彼ら”はフランスやイギリスなど世界中から来ていると思います。ヨーロッパでの会合場所がここインゴルシュタットなのでしょう」(アンナ)

 あのイルミナティの会合がバイエルン州の小都市で開かれているとは、にわかに信じ難い話だが、実は、インゴルシュタットにはイルミナティにとって重要な、それ相応の歴史があるのだ。何を隠そう、ここインゴルシュタットこそ、イルミナティの生誕地なのである。

 1776年5月1日、インゴルシュタット大学の法学教授アダム・ヴァイスハウプトが、フランスのフリーメイソンや啓蒙思想家の影響のもとに「Order of the Illuminati」を創設。その目的は、社会に対するキリスト教教会の影響に反対すること、批評、議論、言論の自由のための空間を確保することだった。当時のインゴルシュタットは、宗教的・政治的保守主義に席巻されており、インゴルシュタット大学も含め、イエズス会系大学では講義内容までも検閲されていたため、ヴァイスハウプトは、宗教道徳が社会のルールとなることを良しとせず、宗教的偏見によって知識が弾圧を受けない、自由で道徳的に公平な国家を熱望していた。

BBCが“イルミナティ実在の事実”を徹底報道! 創設者はヴァイスハウプト、発祥の地も判明「今も会合が開かれている」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで