12歳少女が「スレンダーマン」に命じられて同級生を19回メッタ刺し! ネットのジョークから始まった恐怖の怪物の正体とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Slenderman_3.jpg
スレンダーマン」は映画化も決定 画像は「EXPRESS」より引用

 最近は都市伝説や子どもたちの噂が人々に広まるうちに現実化してしまい……という筋立てのホラーやミステリーをよく見かける。だが、そんなホラーさながらの「スレンダーマン事件」が2014年にアメリカで起きている。たった12歳の少女2人が、インターネットで語られるモンスターを真に受けて、友人を刺し殺そうとしたのである。

■19箇所も刺され、死にかけた少女

 2014年5月31日、米・ウィスコンシン州ワカシャーの森の近くを走っていた自電車乗りが、血まみれの女の子を見つけた。「助けて、刺されたの」と息も絶え絶えに訴える少女は、通報によってすぐさま病院へと搬送された。彼女は腕や脚、そして胴体を計19回も滅多刺しにされていた。傷は内臓や大動脈にまで及んでおり、あとわずかで心臓を傷つけるところまで達していた。まさに瀕死の重傷であった。

 被害者のペイトン・ロートナーさん(当時12歳)の証言により、すぐに犯人が逮捕された。容疑者はアニッサ・ウェイアーとモーガン・ゲイザーという共に当時12歳の少女であった。2人はペイトンさんの中学の同級生で友人でもあった。

0105slenderman-1.jpg
逮捕直後のアニッサ(左)とモーガン(右)。画像は「Daily Mail」より引用

 12歳の少女が同級生の友人たちに滅多刺しにされる――それだけでも大事件だが、容疑者2人の証言は、さらに事態を混迷させることとなった。2人は事件の動機について「スレンダーマンの手下になるため」だと語ったのだ。

コメント

1:匿名2018年1月 7日 06:40 | 返信

アンガ田中や山根は日本のスレンダーマン、夜道で出会ったらやはり怖いだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。