【新連載】姫乃たまの「スピリチュアル嫌い」第1回

【姫乃たま新連載】「頭の蓋がパカーって開いて世界が変わった」プリミ恥部氏の宇宙マッサージを初体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

——【地下アイドル・姫乃たま新連載】私たちは情報が溢れる現代で、自分が知っていること、理解しているもの、意識できることだけを「世界」と認識して生きています。でも実際は今でも、自分がなんのために生まれて、どこから来て、どこへ行くのか知りません。

 失ってしまったもの、はなから持っていなかったもの、私のいない世界、目には見えないこれらのことに、「永遠なるものたち」と名前をつけました。きっと、ちっぽけな私が認識できていない世界の「外」に、「永遠なるものたち」は遍在しているのだと思います。


himeno_honnbun.jpg
姫乃たまです。TOCANAでもよろしくお願いします。


●目には見えない世界を探して

 子どもの頃はとにかく、「私はどうして私に生まれたのか?」「死んだらどこへ行くのか?」、そういうことばかり考えていた気がします。だから、とてもぼうっとした子どもでした。そしてぼうっとしたまま地下アイドルになって、仕事で文章を書くようになりました。

 なんとなく地下アイドルになったので、世間にアピールするべき自分のことは差し置いて、依頼されるがまま地下アイドル業界について書いてきました。私だけでなく、業界全体にかかわることですから、できるだけ客観的に、誤解を生まないように、正確さに注意を払っているうちに、だんだんと自分の感覚的な部分には蓋をするようになっていきました。そうすることで、私自身の感性は息を潜めるようになり、ますます客観性に頼るようになったのです。

“目に見えないもの”について思い出したのは、今年の春のことでした。福岡県の久留米市まで原みどりさんに歌を習いに行った際、腹式呼吸の代わりに、「丹田(たんでん)」に息を吸い込む方法を教わったのです。「丹田」とは、“気”が集まるへその下のあたりにあるのだといいます。丹田を知らなかった私は、自分の体の中に知らない部分があることに気がついて、何か大事なことに立ち返った気がしました。

 憧れの原さんに連れられて山に登り、向こうの山に向かって大きな声を出したり、澄んだ空気を丹田に取り込もうと深く呼吸をしたことが、私にとって美しい体験だったからかもしれません。長い間、自分の感覚を優先することは恥だと思っていましたが、目に見えないものにもう一度目を向けたいと素直に思えたのです。

 思えば、この時からすでに歯車が動き出していたのかもしれません。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。