縄文文化とHIPHOPを融合した女流ラッパーCOMA-CHIの新作がヤバイ! 祝詞ラップ、龍神、儀式…アルバム制作秘話を暴露(インタビュー)

縄文文化とHIPHOPを融合した女流ラッパーCOMA-CHIの新作がヤバイ! 祝詞ラップ、龍神、儀式…アルバム制作秘話を暴露(インタビュー)の画像7大空に現れた巨大な龍(写真提供:COMA-CHI)

COMA-CHI  もう10年ほど前になりますが、島根でライブがあって出雲大社に行く機会がありました。その日は偶然、神様が出雲に集う神在月(旧暦10月)と呼ばれるタイミングだったのですが、そのとき出雲大社の裏にある稲佐の浜で、龍を見ました。正確には龍のような雲なのですが、ツノやヒゲ、姿形まで完全に龍にしか見えません。

 そのときは皆で「めっちゃ龍だね~」と言い合っていただけですが、後になってこの稲佐の浜に龍神が来たという伝説があることを知り「やっぱり龍はいるな」と思いました。不思議なことというのは、つながっていく感覚がありますね。


「縄文」から「龍神」へ、いよいよ盛り上がってきた女性ラッパー・COMA-CHIのオカルト体験談。次回はいよいよ、COMA-CHIの内に存在するという「火の神」、「水の神」、そして「ハイヤーセルフ」など、さらにディープな話題が赤裸々に語られる。彼女が知っているこの世の“真実”とは――!?

(取材・文=松本祐貴、写真=編集部)


インタビュー後編はコチラ!(5月31日16時に配信予定)

 

縄文文化とHIPHOPを融合した女流ラッパーCOMA-CHIの新作がヤバイ! 祝詞ラップ、龍神、儀式…アルバム制作秘話を暴露(インタビュー)の画像8

COMA-CHI(こまち)

1984年、東京生まれ。ラッパー。2003年ごろから活動開始。2005年にB BOY PARK MCバトルで女性初の準優勝を飾り、注目を浴びる。2006年には1stアルバム『DAY BEFORE BLUE』をリリースし、RIP SLYMEや青山テルマとの共演も高い評価を得た。2018年3月に5年ぶりのフルアルバム『JOMON GREEN』を発売。

公式ツイッター https://twitter.com/coma_chi
公式サイト「Queen’s Room」 http://www.queens-room.com/


松本祐貴(まつもと・ゆうき)
1977年、大阪府生まれ。フリー編集者&ライター。雑誌記者、出版社勤務を経て、雑誌、ムックなどに寄稿する。テーマは旅、サブカル、趣味系が多い。著書『泥酔夫婦世界一周』(オークラ出版)。
ブログ「~世界一周~旅の柄」 http://tabinogara.blogspot.jp/

JOMON GREEN

日本のHIPHOPシーンを牽引する女性ラッパーの新作!

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年5月30日 23:56 | 返信

爽やかな縄文ロマン

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。