雷に照らされて偶然姿を現した「巨大リング型UFO」が怖すぎる! 異質な光を放ち、NASA重要施設近郊に出現!

関連キーワード:

,

,

 米国でまたしても奇妙なUFOが目撃され、UFOマニアたちの間で話題になっている。走行中の自動車から撮影された動画には、雷光と共に一瞬だけ姿を現すリング型UFOの姿がはっきりと映し出されていた――。

■雷光に照らし出されたUFO

 今回新たにUFOが撮影されたのは米国アラバマ州ハンツビルだ。アパラチア山脈の南麓に位置する緑豊かな町であるが、その一方でNASAの中枢でもあるマーシャル宇宙飛行センターなどが存在し、米国内でも屈指の航空宇宙産業の町として知られている。

 今月1日の夜、ハンツビルの道路を自動車で走行中のジョン・フラナガン氏は、窓の外に雷とともに姿を現す異様な物体を目撃し、その姿を動画に収める事に成功した。フラナガン氏がその動画をYouTubeにアップしたところ、すぐさま多くのUFOマニアから注目を浴びることとなった。

動画は「YouTube」より引用

 動画は車内から夜空を映している。真っ暗な夜空は時折雷光に照らされるのだが、その中に明らかに不自然な物体が浮かび上がる。ほんの一瞬だが、巨大な円形の物体が暗い夜空にくっきりと姿を現すのである。

雷に照らされて偶然姿を現した「巨大リング型UFO」が怖すぎる! 異質な光を放ち、NASA重要施設近郊に出現!の画像1画像は「YouTube」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ