【閲覧注意】ナチス「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレの鬼畜双子実験、狂気の全貌! 血液を大量採取、謎の薬品注射…!

 ナチスの強制収容所で人体実験に手を染めた医師、ヨーゼフ・メンゲレ。彼の下で研究対象となった生存者が語る、恐怖の実体験!


■ある老人の最期

 1979年。南米ブラジル、サンパウロ州にある風光明媚な海岸で、67歳の老人が生涯を終えた。海水浴のさなかに襲った、突然の心臓発作。その様子は、誰もがかくありたいと切望する穏やかな最期であったという。

 さりながら、老人はその死に様には似つかわしくない、身の毛もよだつ過去を引きずっていた。

 彼の名はヨーゼフ・メンゲレ。「死の天使」の異名をとる、史上稀に見る殺人者である。

【閲覧注意】ナチス「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレの鬼畜双子実験、狂気の全貌! 血液を大量採取、謎の薬品注射…!の画像1右から3番目の男がヨーゼフ・メンゲレ。1970年代の南アメリカ某所 「Mysterious Universe」の記事より


■アウシュビッツを仕切った二人の医師

 第二次世界大戦が始まって間もない1940年、ポーランド南部に設立されたアウシュビッツ収容所は、今日では広く負の世界遺産として知られている。

 ナチス・ドイツが崩壊を遂げるまでの5年間、ヨーロッパ各地からこの地へ、数限りない人々が牛馬のごとく運ばれてきた。ジプシー、同性愛者、犯罪者、障害者、政治犯、捕虜……そしてユダヤ人。

 集められた人々の大半は、再び外の世界に触れることはなく、いずれは焼却炉へとたどり着き、次から次に灰となって消え去ってゆく。

 人が人として扱われない異常な環境。そこで辣腕を振るったのが、ナチスお抱えの医師であるカール・クラウベルグと、前述の老人、ヨーゼフ・メンゲレである。

【閲覧注意】ナチス「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレの鬼畜双子実験、狂気の全貌! 血液を大量採取、謎の薬品注射…!の画像2当時のヨーゼフ・メンゲレ 「Mysterious Universe」の記事より

 メンゲレは悪名高い親衛隊の将校であるが、やはり医師でもあり、医学博士号のほか、人類学の博士号も獲得していた。

 収容所を闊歩する二人の医師は、囚人の健康を顧みることはせず、それぞれの目的のため研究に明け暮れていた。とりわけメンゲレは選民思想への傾倒を深め、「完全無欠のアーリア人」を追い求めては、残酷な実験を繰り返した。

 当時被験者であったベラ・クリーガー氏は、メンゲレの実験室に踏み込んだときの強烈な記憶に今なお悩まされている。

「壁一面に人間の目玉が掲げられていました。青い瞳、ブラウンの瞳、緑色の瞳……。まるで蝶の標本のような眼球は私を見つめているみたいで、思わず視線を床へと落としました」(ベラ・クリーガー氏)

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【閲覧注意】ナチス「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレの鬼畜双子実験、狂気の全貌! 血液を大量採取、謎の薬品注射…!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル