中国・四川のチャン族は古代イスラエル「失われた10支族」の末裔で日本人の兄弟だった! 日ユ同祖論の核心に迫る!

中国・四川のチャン族は古代イスラエル「失われた10支族」の末裔で日本人の兄弟だった! 日ユ同祖論の核心に迫る!の画像1画像は「People’s Daily Online」より引用

 2008年5月12日、中国で四川大地震(Mw7.9)が発生してから、すでに10年が過ぎた。約6万9千人が命を落としたこの大地震の震源は、アバ・チベット族チャン族自治州、つまりチャン族(羌族)という少数民族が数多く暮らす土地だった。しかし、四川大地震に関する日本国内の報道で、まったく触れられていない事実が一つある。それは、このチャン族が、古代イスラエル「失われた10支族」の末裔である可能性が高いということだ。信仰形態や習慣に10支族と類似する点が驚くほど多いのだ。


■イスラエル国家機関が本気で注目するチャン族

 チャン族は、前述の地域以外にも同州の各地に居住しており、シナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派に属するチャン語を話している。もともと人口は30万人程度だが、四川大地震でその約30%を失ったうえ、多くの住居が倒壊するなど甚大な被害を受けた。

中国・四川のチャン族は古代イスラエル「失われた10支族」の末裔で日本人の兄弟だった! 日ユ同祖論の核心に迫る!の画像2失われたイスラエル10支族』(学習研究社)

 このチャン族が「失われた10支族」の末裔ではないかと主張しているのは、他ならぬイスラエルの国家機関「AMISHAV(アミシャーブ、アミシャブ)」だ。過去の記事でも紹介したが、彼らの任務は世界を股にかけて「失われた10支族」を探し求めることにあり、すでにインド、中国、ミャンマーなどで該当する民族を発見、イスラエルへの「帰還」を果たした例もある。彼らが現在も分析を続けている民族の一つこそ、チャン族なのだ。


■こんなに似ている! チャン族とユダヤ人の風習

 では、彼らを「失われた10支族」の末裔と考える理由はどこにあるのだろうか? 以下に、アミシャーブ代表のラビ・エリヤフ・アビハイル氏の著書『失われたイスラエル10支族』(学習研究社)で語られている内容を紹介する。

失われたイスラエル10支族

日ユ同祖論を超えてゆけ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ