空気からエネルギーを取り出す「テワリ発電機」が完成間近!“エーテル理論”の復権でフリーエネルギー誕生へ=インド

 あまり“元手”のかからない事業を立ち上げて成功することができれば、当然“賢く儲ける”ことになる。そして究極的には“無”から“有”を作り出すことができればリスク無しで富を得られる。しかしそんなことが可能なのか。最新の研究報告では、実は“無”にもエネルギーが存在することを指摘している。


■空気からエネルギーを取り出せるのか?

 この世には驚くべきことに、まったく食事しない“不食”を実践している人々がいる。インド人の不食実践者によれば、その不食という言い方は正しくなく、彼らは空気中に満ちている“気”のエネルギー、“プラーナ”を摂取していると説明している。実は空気を食べていたことになる。“空気食ダイエット”と呼ぶことができるかもしれない。

 プラーナを食べている人々のように、はたして空気からエネルギーを取り出すことができるのか。インドの物理学者で発明家のパラマハムサ・テワリ氏がこの3月に「Physics Essays」で発表した研究では、なんと何もない空間からエネルギーを生み出せることを指摘している。つまり空気からエネルギーを取り出せるというのだ。

空気からエネルギーを取り出す「テワリ発電機」が完成間近!エーテル理論の復権でフリーエネルギー誕生へ=インドの画像1パラマハムサ・テワリ氏 画像は「YouTube」より

 オルタナティブ系オンラインメディア「Collective Eevolution」の解説によれば、テワリ氏はこの宇宙のエネルギーは真空と無に由来しており、このエネルギーの動きによって、宇宙のすべての物質が作られているという仮説を提示するものであるという。

 テワリ氏の仮説は宇宙渦理論(Space Vortex Theory、SVT)と名づけられ、これまでにも多くの論文と著作を手がけ、その一方で独自開発の超高効率型発電機「テワリ無反動発電機(Tewari Reactionless Generator、T-RLG)」を発明している。

 このT-RLGはいわゆる“フリーエネルギー装置”といわれ、正確にはオーバーユニティ(over-unity)装置である。オーバーユニティとは、供給したエネルギーよりも大きな出力を実現する発電機のことだ。T-RLGは供給したエネルギーを165%に増幅できるといわれており、最近の実験ではなんと288%の出力を達成しているのだ。

 現在、このT-RLGはインドの電力会社「カーロスカー・エレクトリック(Kirloskar Electric)」で実用化に向けて鋭意開発が進められている。

空気からエネルギーを取り出す「テワリ発電機」が完成間近!エーテル理論の復権でフリーエネルギー誕生へ=インドの画像2テワリ氏が開発した“オーバーユニティ”発電機 画像は「YouTube」より

 なぜエネルギーが増幅できるのか? 何もないかに見える空間だが、実は何らかの物質で満たされているという考えは古くからあり、古典力学ではそれはエーテル(ether)であると考えられてきた経緯がある。しかしながらアインシュタインの相対性理論の登場で、このエーテルは完全に否定されて今日に至っている。

 しかし、テワリ氏によって再びこの“エーテル理論”が復権することになったのだ。そしてこのエーテルからエネルギーを取り出すことで、発電機がオーバーユニティを実現しているというのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ