「UFOマグネット男」が“引き寄せまくる理由”を大暴露! 飛行機で、スフィンクスの傍で、エイリアンと会話も…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 UFOを見てみたいと思いつつ全くその機会に恵まれない人もいる一方、何度もUFOと遭遇する人もいる。カナダの有名ロックミュージシャンであるグレッグ・ゴドヴィッツ氏も、そんなUFOをマグネットのように引きつけてしまう1人だ。

0904Godovitz-1.jpg
グレッグ・ゴドヴィッツ氏。画像は「YouTube」より引用


■UFOを何度も見てきた男

「私は若い頃から多数のUFO体験をしてきました」(ゴドヴィッツ氏)

 YouTubeチャンネル「Near Death Experiment」にアップされたインタビュー動画で、ゴドヴィッツ氏は自身が目撃したUFOについて語っている。彼がまず話したのは、およそ40年前にバハマ諸島からの帰途、飛行機の中から目撃したUFOのことだ。突然ゴドヴィッツ氏の妻が「あれは何?」と叫び、飛行機の窓の外を見ると、綿のように白い物体が飛行機と並走している光景が目に飛び込んできたという。

「窓の外を見下ろすと、巨大な円柱があったんです」(ゴドヴィッツ氏)

 その物体には窓もなければ翼もなく、ライトもなければジェット噴射している様子もなかったが、その物体の周りを灰色の煙が取り巻いていたという。客室乗務員を呼んで「あれは何か?」と訊ねたところ、乗務員も驚いたようですぐにコックピットへと聞きに走ったが、パイロットたちは「何も見ていない」と答えたそうだ。このUFOは10分ほどで姿を消したという。

 その後もゴドヴィッツ氏のUFO目撃体験は続く。エジプトに行った時には、2番目の妻と共に、美しい星空を飛び回る2つの球体状UFOを目撃したそうだ。なお目撃場所はスフィンクスのすぐ側だったといい、なんとも羨ましい限りのシチュエーションである。

 さらにゴドヴィッツ氏にはエイリアンとの遭遇体験もあるという。それは8インチ(約20cm)もの長い指を持った人型のエイリアンで、会話も交わしたそうだ。だがゴドヴィッツ氏はこの時のことを長い間思い出せなかったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。