• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

YouTube

,

グーグルアース

,

南極

,

衛星写真

 南極に22個もの建物が並ぶ謎の場所が存在し、グーグルアースでも確認できるとインターネット上で話題になっている。英「Express」が今月13日付で報じている。

■雪原に並ぶ物体

 グーグルアースの衛星画像からはこれまでも数多くの謎の物体が世界各地で見つかっている。南極でも巨大な階段状の物体(詳しくはこちら)や葉巻型UFOの墜落跡(詳しくはこちら)などが報告されているが、今回新たに発見されたのは2kmにわたって22個もの構造物が一直線に並ぶ場所だ。座標(75° 0'46.98"S 0° 4'52.71"E)を入力すればグーグルアースでも確認することができる。

0913antarctica-1.jpg
画像は「グーグルマップ」より引用

 この不思議な構造物を発見したのは、陰謀系YouTubeチャンネル「Conspiracy Depot」である。動画の説明によると、発見者らの調査ではこの近辺に基地やキャンプ地はなく、一番近いノルウェーのトロル基地からもおよそ320km離れているという。動画は先月28日に公開され、すでに11万回以上再生されて話題となっている。

「Conspiracy Depot」による動画(英語)。「YouTube」より引用

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年9月15日 18:29 | 返信

不思議な建造物らしき物が発見されるとパブロフの犬よろしく毎度エイリアンの基地!と盛り上がるトカナ編集部って楽しそうね♪

2:匿名2018年9月15日 14:01 | 返信

昔もあったよね、こんな話題。たしか、イギリスの探検隊が南極で地下施設を発見して、そこには恐竜とか、絶滅した生物が今でも生息していたとか、ナチスの残党が第三帝国復活のため、ヒトラーのクローンを作る研究施設があったとか。で、恐竜もそのクローン研究で甦らせたとか、探検隊のメンバーがその恐竜に食われたとか、ナチスの残党に見つかって、銃撃戦になったとか、とにかくマユツバものなのは明らかだけど、楽しい話だった。何年周期とかで、南極ネタが流行るの?

1:匿名2018年9月14日 19:02 | 返信

謎の物体ってだけでエイリアンなの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。