• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 我々の脳には類いまれなるパワーが秘められているという。普段は使っていない脳、特に左前頭葉が持つスーパーパワーは5種類にも及ぶ。


1. 素早く正確な記憶

 英単語などの文字情報を暗記しようとした場合、普通は何度も見たり口にしたりして覚えることになるだろう。しかしこうした暗記法は時間がかかるうえに、脳は新しく重要な物事を優先的に記憶しているので前に記憶したものは思い出しにくい。

 そこで活用してみたいのはビジュアルイメージによる記憶である。文字情報を記憶するのは手間取るが、我々の脳はビジュアル情報については実に素早く正確に記憶することができ、記憶を蓄える“容量”もまだまだたっぷり残っているということだ。

extraordinaryabilities1.JPG
Stillness In The Storm」の記事より

 有名な記憶術である「記憶の宮殿」もこの脳の特性を活用した記憶法で、記憶したい事項を部屋の中の特定の場所に位置付けてビジュアルとして記憶する方法である。

 逆に言えばはじめからビジュアルに結びついている物事は思い出しやすい。例えば英単語の「Ladybug(レイディバグ)」はテントウムシのことなのだが、テントウムシの鮮やかなビジュアルと結びつければきわめて思い出しやすい単語となるだろう。


2. 事実上のテレキネシス

 例えば紐に穴あきコインを結びつけ、紐を持って目の前にコインを吊り下げてみる。たいていの人は、コインに向かって脳内で「動け」と命じるとコインは揺れ動きはじめ、「止まれ」と命じると揺れを静止させることができるという。

extraordinaryabilities2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 これは決して超能力であるテレキネシス(念力)ではなく、脳が記憶している筋肉の微細な運動によってコインがコントロールされているという。この無意識の筋肉の動きは潜在記憶(implicit memory)と呼ばれ、現在の状況下でどうコインを制御したらよいのかを脳はすでに知っていて筋肉に命令を出しているのだ。

 したがって我々は脳に任せてみることで、個々の状況下でわりと正しい動きができるのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。