使用済み「生理ナプキンの煮込み汁ドラッグ」が若者の間で流行中! 幻覚と浮遊感にどハマり…少年「1日3回飲んだ」=インドネシア

関連キーワード:

,

,

,

使用済み「生理ナプキンの煮込み汁ドラッグ」が若者の間で大流行中! 幻覚と浮遊感にどハマり…少年「1日3回飲んだ」=インドネシアの画像1画像は「JawaPos」より引用

 インドネシアの若者の間で驚愕の新ドラッグが流行しているという。その名も「ナプキンの煮込み汁ドラッグ」だ。

 英紙「Daily Mail」(11月14日付)などによると、ジャカルタやジャワ島の地元警察が、13歳~16歳の“酔っ払った”若者複数人を逮捕。後に、使用済みの生理用ナプキンを煮込んだ汁を飲んだと告白したという。

 使用者によると、ナプキンは未使用でも使用済みでも構わず、それを1時間ほど煮込んだ汁を飲むことで“浮遊感”や“幻覚”を体験できるとのことだ。そうした効果をもたらす成分については現在のところ諸説あり、インドネシア麻薬取締局は、ナプキンに含まれるクロリンが原因だと指摘しているが、バンドン工科大学の化学者によると、紙おむつや生理用ナプキンに使用されている高吸水性高分子が視覚に作用したことが原因だという。

使用済み「生理ナプキンの煮込み汁ドラッグ」が若者の間で大流行中! 幻覚と浮遊感にどハマり…少年「1日3回飲んだ」=インドネシアの画像2画像は「World of Buzz」より引用

 ブリトゥン島で逮捕された14歳の少年は、ナプキンを煮込んだ“苦い汁”を友人らと一緒に朝・昼・晩、1日3回も飲用していたそうだ。この時は未使用のナプキンを使用したというが、使用済みナプキンの煮込み汁の味などは想像するだけでもおぞましい。

 シンガポール紙「Strait Times」(11月12日付)によると、ナプキンドラッグの存在が最初に確認されたのは2016年のこと。今も具体的な使用者は把握されていないそうだが、2017年からその数は徐々に増加傾向にあるそうだ。

使用済み「生理ナプキンの煮込み汁ドラッグ」が若者の間で流行中! 幻覚と浮遊感にどハマり…少年「1日3回飲んだ」=インドネシアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで