「バイオレンスに生きる」真面目な公務員が次々と豹変中! 超過激イスラム活動家激増の裏にある陰謀とは!?=インドネシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 英紙「Daily Mail」(11月19日付)は、インドネシアで極秘に進められていた「ある計画」が発覚したことを伝えている。


■指導者が非イスラム教徒に対する暴力行使を奨励

 今年5月、インドネシア第2の都市・スラバヤで起こったキリスト教会を狙った同時自爆テロは、日曜礼拝に訪れた多くの尊い人命を奪った。同国では過去10年で最悪のテロ行為で、国際社会からも糾弾されており、世界最大のムスリム人口を誇るインドネシアを、再び宗教的寛容をめぐる論争の渦中に放り込んだ事件として記憶に新しい。

 すでにキナ臭くなりつつあるこの国で、戦慄の事態が進行しつつあるようだ。

「バイオレンスに生きる」真面目な公務員が次々と豹変中! 超過激イスラム活動家激増の裏にある陰謀とは!?=インドネシアの画像1Asean Economist」の記事より

 今年7月、インドネシア国家情報庁(BIN)は、スラバヤでの連続爆破事件を受けて、国内にある約1,000のモスクを立ち入り調査した。すると、ジャカルタ近郊にある41カ所のモスクでは、礼拝に参加する信徒に対して「イスラム改革主義」を掲げ、教義の中で非イスラム教徒に対する暴力行使を推し進めようとしていることが明らかになったという。

 なにより憂慮すべきは、これらのモスクへ通う教区民のほとんどが、首都ジャカルタの政府省庁に勤務する、ごく普通のマジメな公務員ということだ。イマーム(イスラム教の礼拝をつかさどる指導者)たちは、インドネシアでは少数派とされるキリスト教、仏教、ヒンドゥー教の非イスラム教徒を攻撃せよとけしかけているらしい。

 また、一部の聖職者はISへの忠誠を誓うために、シリアや昨年勃発し戦闘終結したはずのフィリピン南部のミンダナオ島のマラウィでの「聖戦」に備えるように説教しているという。

「バイオレンスに生きる」真面目な公務員が次々と豹変中! 超過激イスラム活動家激増の裏にある陰謀とは!?=インドネシアの画像2Daily Mail」の記事より

「恐ろしいことです。彼ら政府職員たちが、この国を回しているわけですから。我々は、なんとしてもこれを阻止しなければなりません。インドネシアで、国民同士が争うなんて絶対に許されません」(インドネシア国家情報庁報道官ワワン・プワント氏)

人気連載
あなたのモテ度がわかる4択“引き寄せ”占い! 不幸な出会いを回避するために... 当たるLove Me Doの恋愛アドバイス!

あなたのモテ度がわかる4択“引き寄せ”占い! 不幸な出会いを回避するために… 当たるLove Me Doの恋愛アドバイス!

■どういうタイプからモテるのか 「次のうち、ずっと食べな...

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

コメント

4:匿名 2018年12月10日 22:51 | 返信

イスラム消えろ❗死にやガレブッ殺す

3:匿名 2018年12月10日 21:29 | 返信

>> 1

日本で移民の受け入れがなされるのも、紛争の下地作り?

2:匿名 2018年12月10日 17:46 | 返信

題名がすでにおかしいですw
『真面目な』はいりませんw

1:匿名 2018年12月10日 12:06 | 返信

人を操るには宗教思想が一番です。
千年王国実現のためのステップ、エルサレム奪還を建前にして引き起こされるだろう第三次世界大戦。
 
その本音は全世界庶民大量殺戮大戦であり、それを成功させるために世界同時多発紛争の工作が仕組まれつつある。
 
エルサレムなど何も関係なさそうな日本でさえも、安倍内閣の功労で必ず紛争に巻き込まれるように、ほぼ準備が整っている。
 
もうこれからはAIがすべてやってくれるので、庶民の利用価値はありません。この世界は庶民のためのものではありません。長い間、陰で歴史を操ってきたごく一部の者に乗っ取られていたのです。今までさんざん都合よく利用されてきた庶民は、近い将来、用済みとされてしまうわけです。
 
「邪魔者は消す」それが彼らのやり方です。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。