【速報】中露が「気象兵器」共同実験にガチ成功! 地震・台風・脳破壊… “HAARP超え”で南シナ海掌握へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は「South China Morning Post」より引用

 今年6月、ロシア中国が共同でとある実験を5回行った。地球大気に高出力のマイクロ波を照射し、電離層に人為的に介入する実験だ。中国紙「South China Morning Post」(11月17日付)が報じている。

 操作領域となったのは、冷戦中に旧ソビエト連邦が設立した電離層加熱施設「スラ基地」があるロシアのヴァシリスルスクの上空高度500km。スラ基地の高周波電波の最大出力は260メガワットに上るが、これは小さな町1つを照らすのに十分な量だ。

 実験中には中国の電磁場観測衛星「Zhanghen-1(ZH-1)」が、実験中の大気データを地球軌道上で収集。効果的な測定を行うために、実験領域にフライバイした際には、センサーを通常よりはるかに高速な“バーストモード”に切り替え、0,5秒毎にサンプルを分析した。

 6月7日に行われた実験では、12万6千平方km(ブリテン島の約半分)もの範囲の空で物理的なかく乱を引き起こし、通常の10倍の負の電荷を帯びた粒子による電気スパイクが観測された。続いて6月12日に行われた実験でも、粒子の流れによって高高度でイオン化されたガスが摂氏100度超えたそうだ。

 この結果に対し研究者らは“満足”しているというが、なぜこのような実験施設が必要であり、大気への高エネルギー照射などという実験を行っているのだろうか? それには軍事的・戦略的な理由がある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。