「UFOとの遭遇など普通」元米空軍パイロットが断言! 空飛ぶ“豪華客船型UFO”が急上昇… 壮絶体験と人類が改めるべきUFO観を語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 任官中のスコットランド駐留の米空軍内では“特異な航空機”という言葉が普通に使われており、自身も軍用機からUFOを目撃したという退役軍人の話に注目が集まっている。UFOを目撃したもののさまざまな事情で話せない人々は考えられているよりも多いというのだ。


■夜の空に豪華客船のような巨大UFO

 軍隊に関わる者には厳格な守秘義務が課されるが、米ソ冷戦時代にはなおのこと厳しい数々の緘口令が敷かれていただろう。

 82歳の退役軍人であるジョージ・フィラー氏もまた、主に米ソ冷戦時代に米空軍に勤務していたオフィサーであった。フィラー氏は、軍やNASAの退職後にUFO目撃体験をオープンに語る者のうちの1人である。

「UFOとの遭遇など普通」元米空軍パイロットが断言! 空飛ぶ豪華客船型UFOが急上昇… 壮絶体験と人類が改めるべきUFO観を語る!の画像1ジョージ・フィラー氏 画像は「The Hidden Underbelly 2.0」より

 米ソ冷戦時代に英・スコットランドの米空軍基地に配属され、空中給油のミッションに従事していたフィラー氏だったが、この基地の将官や提督の間では“特異な航空機(anomalous aerial vehicles)”という言葉がよく使われ、彼らはその存在を熟知しているようだったという。

 ある夜、巨大な飛行物体が基地のレーダーにとらえられ、フィラー氏はただちにパイロットとしてスクランブル発進を行い、軍用機でこの巨大な飛行物体を追ったのだ。

「近づくにつれ、遠くにいくつもの光が見えました。まるでイルミネーションライトで飾られて夜の海に浮かぶ光り輝く豪華客船のように見えました」(ジョージ・フィラー氏)

「UFOとの遭遇など普通」元米空軍パイロットが断言! 空飛ぶ豪華客船型UFOが急上昇… 壮絶体験と人類が改めるべきUFO観を語る!の画像2 画像は「The Hidden Underbelly 2.0」より

 豪華客船ほどの大きさの巨大なUFOが空に浮かんでいたとすれば、さぞや壮観な眺めであっただろう。はたしてこのUFOの正体は?

コメント

4:匿名 2018年12月25日 07:04 | 返信

中にはそ~っと行動してるのもいるみたいだからなあ
あとあんまり騒ぎ立てると別の地域へ移動しちゃって目撃回数減ってしまうかもだし。
見ても何事もなかったかの様に静かにそっとしててもいいと思う。

3:匿名 2018年12月24日 15:59 | 返信

日本にはそういうUFO来ないよねー
酸素薄いとこにいるからなんか幻覚でも見えてんじゃないの(笑)

2:匿名 2018年12月24日 15:45 | 返信

アマゾンで買ったドローンを飛ばしたらお巡りさんに怒られた。住みにくい世の中

1:匿名 2018年12月24日 12:37 | 返信

UFOの存在は信じている。
でも、実際に友人がUFOを見たと言ってきても、
何かの見間違いだろうと思いながら聞いているし、実際そうだと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。