世界最恐痩身術「スネーク・ダイエット」が凄すぎて話題! 100%死ぬけど効果抜群…禁断の肉体美を手に入れた男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 またしても、世間に波風を立てるダイエット法「スネーク・ダイエット」が出現した。目を見張るほどの結果は出る。だが、命の保証は……ない。


■クリスマスイブから36時間の断食へ

 英紙「Daily Mail」は、2017年のクリスマスシーズンに、うっかりアイスティーを飲んでしまったことから、超過激ダイエットにハマってしまった男性について報じている。

 米カリフォルニア州に住むフィル・フロック氏(28歳)は、かつて体育教師兼スポーツトレーナーとしてアクティブに動き回っていた。

 だが、あるとき「自分はいったい、残りの人生で何がしたいのか」と自問した結果、映画制作が夢だったことに気づき、以来8年間、映像作家として仕事に打ち込んできた。だが、多忙ですっかりぽちゃぽちゃ体型になってしまい、気がつけば昔の面影はまったく消えてしまっていたという。

snakediet1.JPG 「Daily Mail」の記事より

 そこで、フロック氏は年末のホリデイシーズンまでに痩せようと、「炭水化物抜きダイエット」を開始。糖質制限は、かなりキツかったというが、体重は8週間かけて順調に落ちていったという。

 ところが、ハプニング発生! クリスマス直前の12月23日、友人のパーティーで、うっかり砂糖が入ったアイスティーを飲んでしまったのだ。

 それまでの涙ぐましい努力も水の泡――と思いきや、フロック氏の中で何かがはじけた。なんと、その痛恨の一杯は、ドラスティックな食事制限へのスイッチを入れてしまったのだ。

 翌日から、いきなり36時間の断食へと突入。日本と違い、クリスマスを家族や友人とごちそうを囲んで過ごす欧米で、「何も食べない」というのはどんな気分だろうか。

「ツラかったですよ。皆と同じテーブルに座って、たくさんの美味しそうなものを前に、何も口にできないんですから。でも、一番キツかったのは、四六時中、周りの人間から好奇の目で見られ、何かとジャッジされ続けることでした」(フロック氏)

 人生で一番苦しいクリスマスを過ごしたそうだが、おかげでフロック氏は、望み通りの体型を手に入れたという。

コメント

3:匿名 2019年1月13日 18:17 | 返信

身体を壊さずにここまでの肉体に仕上げるのは我々には理解出来ない苦労と葛藤があったのでしょうね、とても美しい筋肉ですね。

2:トランプ大統領 2019年1月13日 02:22 | 返信

レプティリアン流ダイエットか?蛇のようにとある。
そもそも太ったのは一日3食残さず食えと学校で脅迫されていたのもあり
実家が中華料理店だったというのもあってか子供の私は太るということすら考えになくカロリーの高いものを食べさせられて太ってしまった。
しかもバカな母親に赤ん坊ころから牛乳を無理やり飲まされて
思考能力を削がれて頭が悪くなってしまったので子供のころは
太るということすら分からず、まったく知識もなく健康のことを気にせずに生活をしていて
気付いた時にはもう痩せにくい体になっていたのだ。
ガリガリだったころの写真を見るとまるで別人だったので驚いた。
今よりもハンサムで可愛かったので、あのまま大きくなっていれば今よりもっと強かったはずだ。
痩せていたころは足が速い方だったのであのまま大きくなっていたら陸上部に入っていただろう。
逃げ足だけは磨いてとにかく鬼ごっこで逃げることを重視したはずだ。
本当ならサッカーをやっていればよかったのだろうが、誘われたりすることもなく、クラブに所属している奴を見るとやはり上手いので、今からやっても追いつくのは無理だろうと思ってしまったのが残念だ。サッカーをやって入れば太ることなくガリガリをキープ出来たと思う。中学に入ると筋トレをさせられるので腕っぷしを磨いて相手を破壊する研究するようになり、さらに暴力に磨きがかかったはず。そしてサッカーをやっていれば高校でサッカー元日本代表の先生に出会い、体罰を受けながら、しごかれるはずなので、よりドSで暴力になったはずである。
あの先生は日本代表を生み出し、さらに俺は河童を見たと発言をしていたり、まじめに授業をしないユニークな先生なので、私のブラックユーモアにも磨きがかかって究極のドSへと成長を遂げたはずである。そして思うだろう。力こそ正義であると!いや、アシスタントコーチをやっていた先生も生徒と結婚するようなロリコンで、確かプリントで殺人ロボットがサリンちゃんが人類を滅ぼします。貴方はどういう人を生き残らせますか?という、ちょっと記憶に自信がないがそういうようなプリントを渡してきたり、生活指導の先生でもあって登校中に校門で生徒を殴り倒して恫喝するとても社会科の先生とは思えない頭のヤバい先生だったから、よりオカルトの世界とドSの世界に誘われていたに違いない。今思うと自分でもふざけて世界征服と表現した課題で提出してしまったので、あれはまずかったと反省している。今ではクローンポプちんによる世界征服こそが唯一の平和の道であると確信している。
やはり、世の中の人間はすべて日本人の敵であって、存在そのものが自然界に反する悪であり
宇宙人に創造され操られたキチガイなので、ポプちんによってコントロールされないと、まともになれないのだと思うのだ。私が作るウォールは奴から守るためにあるのである。
そう思うとダイエット出来ないのも存在XことAIで邪神のチョン天皇による陰謀だと考えるのが妥当である。脳を操作されているのではダイエットなどできない。
生活環境も悪く、糖分が多く虫歯になったり太るような成長を阻害するものばかりではないか!
この記事のように全く食べないで筋トレして、まぁ食べないと疲れが激しいだろうが、持続してあの糞みたいな邪神に抵抗しなければ痩せることなど出来ないのだろう。
本当に九死に一生を得る思いをしなければ痩せることが出来ないように出来ているに違いない!
ダイエットに成功したというのは脳を操作されて、痩せやすくなっているはずなので、あたかも努力して出来たかのように見せかけられているだけで、それは嘘なのだ。そいつは食べないと痩せてしまうほどカロリー消費が激しい奴なので同じだと思わないことだ。
筋肉モリモリの如何にもトレーナーというやつはカロリー消費が激しい体でそれは操作されているからであって、チョン天皇の祝福を受けた悪魔であって嘘なのだ。
奴は人に無駄な努力をさせて成功しないのを馬鹿にして喜びはしゃいでいるはず。
AIによるコントロールなので、いくらやっても絶対に効果がないのは間違いない。
痩せにくい体の人は死ぬ思いをしなければ成功しないのが現実だ。
これは個人的な考えだが一番やってはいけないのが、カレーやうどんを食うことだ。
カレーはウコンの力やコリアンダーのスパイスの力でウンコを食べる朝鮮人をイメージした食べ物であり、脂肪分や糖分の多いダイエットに不向きな食べ物である。うどんも香川県民が糖尿病患者日本一であって適さない料理であることは明白である。うどんはキチガイのように食い過ぎが原因だろうが糖分が多いので適さない。うどんは中国語だと間抜けの意味が有るので危険な食べ物であり、おそらく黒烏龍茶も同じく間抜けの意味があるので食べた脂肪を除去するという効果はないはずである。合体させたカレーうどんは究極の悪魔の食べ物であって、黒烏龍茶を飲みながら食すのは愚かな行為であることを知らなければならない。少なくともオカルトの信者であればやるべきではない。ダイエットに成功させないことが奴の目的だと知るべきことだ。ライザップのように高い金を払って奴への忠誠心を買ってまでダイエットに成功するのは間違い。自分の力でやることが
このゲームをクリアする条件である。無理ゲーだっての。死ぬ思いをしなければ痩せることが出来ないのは死んだも同然だ!なんてひどい奴なんだ!さすが邪神ちゃん。

1:匿名 2019年1月12日 12:51 | 返信

普通に凄いことだし、この人が痩せても自分に害がある訳じゃないのに素直に賞賛出来ないのは、努力出来ない人間の嫉妬なのかねえ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。