【ガチ】米軍が「昆虫の脳と意識」をもつAIロボット“昆虫兵士”の研究開始! 反乱の危険性も…(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 砲火と銃弾が飛び交う危険な戦場では、いともたやすく人命が失われることになる。しかし、将来の戦争では人間に代わって“昆虫兵士”の軍団が大いに活躍してくれるかもしれない――。


■DARPAが“昆虫脳ロボット兵士”の開発に着手

 身近なモノがどんどんネットにつながっていく“IoT”時代を迎えているが、あらゆるモノが一体化し生活が便利になる一方、どのような経路からもハッカーの侵入を許すリスクも高まっている。

 したがって現在、IoTの流れとはまた別にネットワークから独立した“スタンドアローン”なAIやロボットを開発するニーズが高まっているのだ。つまり意思を持って自律的に行動するロボットの登場が期待されているのである。

【ガチ】米軍が「昆虫の脳と意識」をもつAIロボット昆虫兵士の研究開始! 反乱の危険性も…(最新研究)の画像1Mysterious Universe」の記事より

 自律的に行動できるAIを備えたロボットと一言で表現するのは簡単だが、ネットワークにつながっていないとすれば現在の技術ではAIの部分だけでも物理的にきわめて大容量のハードウェアが必要になってくる。そのような大きな“頭脳”を持ったロボットということになれば、当然ながらSFアニメに登場するような“巨大ロボット”になることは免れない。

 巨大ロボットとなればそれ相応のエネルギーを必要とし、運用にも維持管理にも莫大なコストがかかるだろう。こうした非効率な巨大ロボットを誰が必要とするのだろうか。

 そこで今、米・ペンタゴン(国防総省)の研究機関「DARPA(国防高等研究計画局)」が注目しているのが昆虫の脳である。昆虫の脳を構成する神経細胞はたったの数百にとどまっているにもかかわらず、きわめて素早い意思決定を省エネルギーで実現しているのだ。この昆虫の脳を技術的に模倣することができれば、これまでにない小型・高性能できわめて省エネのAIが開発できるのである。

【ガチ】米軍が「昆虫の脳と意識」をもつAIロボット昆虫兵士の研究開始! 反乱の危険性も…(最新研究)の画像2Mysterious Universe」の記事より

 そしてDARPAは昨年7月に次世代のAI技術への投資を行うプロジェクト「Artificial Intelligence Exploration(AIE)プログラム」を発表し、この流れの線上で“昆虫脳AI”の開発を促進する「Microscale Bio-mimetic Robust Artificial Intelligence Networks」を発足して、各種のIT企業に対し、昆虫脳のメカニズム解明への取り組みに対して100万ドル(約1億1,000万円)するとオファーして入札を募っている。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年1月28日 13:46 | 返信

>> 4

ローマ字?笑

5:2 2019年1月28日 06:58 | 返信

>>4
写してるのはその通り。しかし、原文写さないと説明できないだろう

4:匿名 2019年1月28日 06:17 | 返信

→2.3

使ったことがないローマ字を必死になって写してる。

3:匿名 2019年1月27日 22:56 | 返信

insect agentが活躍する時が来た。在キューバアメリカ大使館でinsect agentであるクリケット君を鳴かせてみよう。

2:匿名 2019年1月27日 15:50 | 返信

基本的な部分に間違いがあって、これはDARPAの元の文章もまずいと思うんだが、small insectsがsome having only a few hundred neurons、つまり数百のニューロンを持っていると書かれている。
ただ、ちょっと調べてみれば出てくると思うが、昆虫の脳は10万から100万のニューロンを持っている。
「線虫」は少ない細胞数で知られている生物だけれども、これの脳細胞が数百程度なので、これとごっちゃになっていないか。彼らは目も持たないような単純な構造なのでいいんだが、写真のハエなんて複眼の視神経回路だけでかなりの数になるだろう。
まあ、DARPAさんがsmall insectsというのは線虫なんですよ、というのなら、あー、そうですか・・、いや、それならNematodeと書いてくれ、という感じなのだが。

1:匿名 2019年1月27日 11:17 | 返信

いまや人間の『脳』は昆虫以下である。
今、人間が食している食べ物は昆虫は食したりなどしない。最近の砂糖にアリは群がらない。そもそも食べ物と認識していないからだ。コンビニ食はカビすら生えないという話は聞いたことがあるだろう?野菜も汚染が酷く野生の動物は決して食べないと聞いたことがあるだろう?
汚染された肉や野菜を何の疑問も持たず食べる人間たち。もはや人ですらないのかもしれない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。