【衝撃】見るだけで脳が壊れる「ピンナ錯視画像」がヤバい! 超ぐるぐる… “ニューロンの15ミリ秒の遅れ”を体感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

 皆さんお待ちかね、錯視のお時間。今回は英紙「Daily Mail」(2月19日付)を参考に「脳の15ミリ秒の遅れ」を感じられる錯視作品をご紹介したい。

 まずはこちら。ひし形が円を描いた錯視画像。円の中にある小さな黒点を見つめながら、頭を前後に動かして欲しい。固定されているはずの円がグルグルと回るのを感じられるだろう。

画像は「Daily Mail」より引用

 

 これは「ピンナ錯視(Pinna-Brelstaff Illusion)」と呼ばれるもので、2000年にイタリア・サッサリ大学のバインジョ・ピンナ教授が開発した。中国科学院の神経科学者イアン・マックス・アンドリーナ氏によると、ピンナ錯視において円がグルグルと回って見えるのは、ニューロン同士の活動に15ミリ秒の遅れがあるためだという。

 物を見た時、我々の脳はすぐにその物が何であるかを推測しようと試みる。大体において物理ルールには一貫性があるため、その推測は正確に行われる。しかしピンナ錯視の場合は、ニューロンに遅れが生じるため情報処理がそのギャップを埋めるため短絡を起こし、円が回転しているように見えるとのことだ。ある意味、脳がエラーを起こしているとも言えるだろう。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。