【第三次世界大戦】ロシアが「アメリカ本土の核攻撃ターゲットリスト5」を公開! 発射から5分で壊滅…プーチンの最終警告だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

 ロシアの国営テレビ局が、米国との戦争が起きた場合、核攻撃の標的となりうる場所のリストを明らかにした。現在ロシアが開発中の新型ミサイルを使えば、発射からわずか5分で標的を灰塵に帰すことができるという。ロイター通信ほか多数メディアが報じている。

画像は「Daily Mail」より引用

■ロシアの核攻撃ターゲット

 

 今月24日、ロシア国営テレビ局のニュース番組「Vesti Nedeli」では、米露間で戦争が勃発した場合、米国内で核攻撃のターゲットとなる地点5カ所が示された。

・米国防総省の本庁舎(ペンタゴン)
・キャンプ・デービッド(米国大統領の別荘地)
・ワシントン州ジム・クリーク(海軍の通信基地)
・メリーランド州フォート・リッチー(軍事施設、1998年に閉鎖)
・カリフォルニア州マクレラン空軍基地(2001年に閉鎖)

画像は「Daily Mail」より引用

 今回明らかとなった核攻撃目標はいずれも軍事拠点であり、攻撃目標として意外性はない場所ばかりである。さらに2カ所はすでに閉鎖されて久しく、かなり古いリストなのではないかとの指摘もある。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年2月27日 07:47 | 返信

核保有数は世界一でポセイドンやツァーリボンバといった最強クラスの核もあるからアメリカは危ういだろう。ロシアが負けても瀕死のアメリカに中国が覇権を狙いにくる。

5:帰化在日を嫁に持つお笑い芸人 2019年2月27日 03:50 | 返信

始まれば勝つも負けるもない。地球全体が滅ぶ。クリミア半島に仕掛ければEU諸国は滅ぶし、南シナ海で仕掛ければグアム、沖縄が地図から消える。戦力差とか言ってるオツムが第二次大戦レベルの知能しかない連中がいふが核兵器に継戦能力を語るナンセンスを理解できないらしい。平和ボケの軍師キドリじゃそのレベルなんだろ。なってみて慌てふためく姿も見てみたいがその頃はネット環境も無くなって バカだのカスだの書き込むヒマも無くなるだろう。人類滅んでまた新しい文明、生命が数億年後に始まる。楽しみだ

4:匿名 2019年2月27日 01:48 | 返信

ロシアも行き詰まってるんだろ。
背に腹はかえられない状況だという事は分かった。

3:匿名 2019年2月26日 22:35 | 返信

他所でコッソリやってよ
まだ平和ボケしてたいよ

2:匿名 2019年2月26日 22:04 | 返信

マジな軍拡競争になってしまえば、アメリカ・ロシアの経済格差は12倍もあるんでね、ロシアに勝ち目はない

1:匿名 2019年2月26日 18:59 | 返信

世界中の海に展開している原潜の報復をどう防ぐんですかね…?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。