中国で不老不死の薬『仙薬』が発見される! 2000年前の遺跡からガチ出土、衝撃の成分と作成法とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

 2018年11月、中国で発掘中の2000年前の遺跡から青銅の壷が発見された。中に入っていたのは、今なおかぐわしい匂いを放つ黄色い液体。研究者たちによると、液体の正体は伝説に語られる『仙薬』――不老不死の薬だという! 英「Daily Mail」(3月5日付)ほか複数メディアが報じている。

画像は「Daily Mail」より引用

「伝説に語られる『不死の薬』が中国で見つかったのはこれが初めてです」

 そう語るのは中国・洛陽市文物考古研究院の史家珍(Shi Jiazhen)院長である。報道によると、仙薬が見つかったのは中国・河南省洛陽にある前漢時代(B.C.206~A.D.8)の貴族の墓で、副葬品の一つである高さ50cm、直径34cmほどの青銅製の壷の中に入っていた。壷の中身は3.5リットルほどの黄色い液体で、研究者たちが壷の蓋を開けると、2000年の時を越えてアルコールの匂いが漂ったという。

 液体は上澄みと沈殿物の二層に分離した。当初はその匂いから古代のワインだと考えられていたが、詳細に分析をした結果、主成分は硝酸カリウムとミョウバン石の混合物で、酒ではなかったことが判明する。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年3月9日 07:56 | 返信

不老不死の薬は内丹術で自分の体内で作り出す物だぞ
外丹術は失敗でとっくに廃れたよ

2:金 正恩 2019年3月9日 04:21 | 返信

デヴィ婦人の尿なんか不老不死の妙薬っぽい。飲んだら性格が悪くなりそうな副作用がありそうだが。

1:匿名 2019年3月8日 13:38 | 返信

墓にあったって事は不老不死ではないって事。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。