ハーバード教授「宇宙人は憶測ではない。存在を否定する方が間違っている」遂に断言! すでに地球に来訪している可能性も!  

ハーバード教授「宇宙人は憶測ではない。存在を否定する方が間違っている」遂に断言! すでに地球に来訪している可能性も!  の画像1
画像は「Express」より引用

 米ハーバード大学のトップ科学者が「宇宙人は間違いなく存在する」、「存在しないと考えるのは傲慢」と発言し、話題になっている。

 英紙「Express」(3月8日付)によると、米ハーバード大学に所属するアヴィー・ローブ教授は同紙の取材に対しこう語ったという。

「約4分の1の惑星が地球と同じサイズ、同じ地表温度を持っています。そこには水分や生命に欠かせない化学物質が存在する可能性もあります。私は原始的な地球外生命体は間違いなく存在すると思います。むしろ、宇宙人の存在を否定する人は傲慢です」(ローブ教授)

ハーバード教授「宇宙人は憶測ではない。存在を否定する方が間違っている」遂に断言! すでに地球に来訪している可能性も!  の画像2
画像は「getty images」より引用

 ローブ教授は、2017年10月、米ハワイ州のマウイ島にある天文台が捉えた観測史上初の太陽系外恒星間天体「オウムアムア」が、エイリアンの宇宙船であると支持して止まない研究者の1人である。そうした態度に批難の声も大きいが、ローブ教授は「オープンな心を持つべきだ」と主張しており、オウムアムア=宇宙船説を覆す有力な証拠があればすぐに同説を撤回すると語っている。

「多くの人は“エイリアンではない”という態度を受容していますが、我々はオープンな心を持つべきだと思います。他の惑星の大気汚染の状況や、滅亡した文明の遺物を探すべきなのです。私はこうした試みを“宇宙考古学”と呼んでいます」(同)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ