【ガチ】「我々の時間の概念は根本から間違っている」「過去や未来も主観次第。“今”は瞬間ではなく“泡”」理論物理学者が強調!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13

“今”はこの一瞬にしかないのは事実であり、テニスの試合でマッチポイントを握られてからミスをした瞬間を、後から取り返すことはできない。したがって“今”は刻々と過ぎていく時間の最先端であると形容できるのだが、現代を代表する理論物理学者によれば、時間は一直線に流れているものでもなければ、“今”がこの一瞬にあるわけでもないという。我々は時間の概念を根本から改めなければならないというのだ。

clock/Mobilos 画像は「Wikimedia Commons」より

 

■「時間とは1本の線ではない」

 昨年8月に英ロンドン「王立科学研究所(Royal Institution)」が主催した講演会の壇上で理論物理学者のカルロ・ロヴェッリ氏が1時間に及ぶレクチャーを行っている。その内容は我々に時間についての考え方を改めさせようとする“説得”であったのだ。

 壇上には横にピンと張った1本の赤いロープが用意されていて、ロヴェッリ氏は「時間とは長い1本の線です」と解説する。

 ロヴェッリ氏は左方向が過去で、右方向が未来であると説明し「私たちは今ここにいます」とロープの中央にカラビナを吊り下げてここが“現在”であると指し示した。この“現在”を分岐点に、左には過ぎ去った時間が残され、右にはまだ見ぬ未来が広がっているのである。しかし次の瞬間、彼はそれまでの言葉をすべて覆したのだ。

画像は「YouTube」より

私がお伝えしたいのは、時間とはこういうものではないということです」(カルロ・ロヴェッリ氏)

 我々の多くは時間について、あたかも陸上競技や水泳競技の試合に出場するように、刻々と前へ前へと進み、流れゆく時によって過去と未来が形作られていくと考えをめぐらせるものだが、時間はそういう性質のものではないとロヴェッリ氏は訴えているのだ。

 同じ地球上であっても重力が強い場所ほど時間の流れが遅くなることが実際に計測されて確かめられている。さらに衛星軌道上で高速で移動する国際宇宙ステーションや人工衛星は地球上よりもわずかに時間がゆっくり流れていることもまた確認されている。つまり時間の流れはどこにいてもまったく同じというわけではないのだ。「これは事実なのです」とロヴェッリ氏は強調する。

コメント

13:匿名 2019年3月25日 07:41 | 返信

10だが、少しだけ補足をさせてもらう。
10の説明だと従来の輪廻転生と考え方と全く変わらないように思えるがそうではなくて、永久にエンドレスにまったく同じかもしくは非常に似たようなことを繰り返し繰り返し体験させられているのではないか?と考えている。もちろん本人の意思とは無関係にだ。それこそ壊れたレコードかCDのようにまったく同じところを何度もループし続けているのでは?と考えてる。もちろん気がついても『誰も出られないわけだが』、だからこそ宗教やスピが流行るともいえる。本人たちも薄々気がついてるのだ、認めたくないだけで。

12:匿名 2019年3月25日 07:32 | 返信

>> 11

10の俺に言ってるのか?残念ながら全部手書きだ

11:匿名 2019年3月25日 03:35 | 返信

コピペですよね?(震え声)

10:匿名 2019年3月25日 01:32 | 返信

かのニーチェは時間は一つの円になっており、その中をただぐるぐる回っているだけなのだと、この概念のことを『永劫回帰』と呼んだ。
9番の方とだいたい似たような考え方だ。自分もまたそのように考える。陰謀論者やオカルト論者にも似たような考え方の人が多いね。

ジャパニーズホラーゲームに『サイレン』というゲームがあるが、まさにこの考え方を採用している。主人公たちは永久的に化け物たちと戦ったり逃げ回っているがそれが決して終わることはなく、永久不変にそこをさ迷い続ける。永久に出られることはない。そこから唯一出られたのは小学生の女の子ただ一人だけだ。しかも化け物に襲われ無数のトラウマを背負っており、たとえ元の世界に戻れたとしても普通の生活を送れるかどうかは疑問だ。精神病、PTSDは必至だろう。キャッチコピーも『どうあがいても絶望』である。
二千年代の終わりごろ、ある映画ができてその映画のタイトルはちょっと度忘れしたけど、その映画の主人公たちはいわゆるクローン人間であり、永久に年を取らない。病死は存在せず、事故死のみ。そのクローンたちは常に戦争に駆り出され戦うために生まれ戦って死んで行く。その時代では戦争は侵略のためのものではなく、『ビジネス』や『ショー』として戦い殺されている。何度も戦争に駆り出されては殺されるを繰り返すが、記憶は魂に蓄積でもされるのか『断片的』には記憶が残っており、本人たちもそれをどこで知ったのか思い出すことができない。でも戦闘機の操縦の仕方や戦い方だけは体が覚えており、すぐに戦地に駆り出させる。そんな中、主人公が自分の正体に気がついてしまう。ショックを覚える中戦いにまた駆り出され最強といわれる戦闘機のパイロットに戦いを挑み死ぬ。また生まれ変わってくるがまた記憶がない、という具合だ。人間の輪廻転生とやらも『こうではないのか?』

将棋棋士の藤井聡太を見てみろ?なんでたかだか14歳だか15歳だかの少年が将棋界のイチローのような存在の羽生さんに勝てる?不思議だろう?でもこの考え方を採用してみろ?不思議ではなくなるはずだ、つまり、江戸時代も天才将棋棋士であり、かわら版や書物を隅から隅まで読む子供であり、大人顔負けに将棋が強く、礼儀正しい人間だった。また幕末にも生まれ、その時代も書物の隅から隅まで読む子供であり大人顔負けに将棋が強かった。そして現代でも新聞や本の隅から隅まで読む子供であり、将棋も大人顔負けに強く天才棋士の羽生さんにも勝ってしまう圧倒的な強さを誇っていた。
上で紹介した映画の中のクローンたちは皆、死んでまた生まれ変わってきても『同じ癖をもち、戦闘機の操縦や技量もまったく同じ』だった。新聞を折る癖のあるクローンは生まれ変わってもまた『新聞を折って』いた。そこで主人公がはっと気がつくわけだ。

そう考えると恐ろしくないか?我々も全員『こう』かもしれないと、ある女性はある男性にフラれて、以前にも似たようなことがあったと口にするがいつあったのか思い出せない。韓流映画を見て自分の過去生もこうだったような気がすると涙する。それも忘れているだけで300回も3000回も同じことを繰り返している可能性も十分に考えられる。

この考え方を採用すると、とても普通には生きてはいけない。だからこそスピリチュアルや宗教や精神世界ようなインチキが流行るのだとよくわかる。『それも薄々嘘だと全員が知っていながら』過去生においても似たようなものに傾倒していながら。それを信じてしまうと苦しいからこそ『忘れさせてもらえるものに傾倒』するのだろう。

9:匿名 2019年3月24日 17:43 | 返信

1枚のDVD、1本の映画みたいなもんだと思うよ
だから始めも終わりも途中も全部が一緒にあるんだよ
人間が感じている今は再生中という進行状況のなかでの時間
人間からすればこの世界は仮想現実じゃなくて現実

8:匿名 2019年3月24日 15:33 | 返信

>> 6

「存在」の意味によるが物理的な概念だから存在しないって言えばしないわな
「長さ」や「重さ」そのものが存在しないのと同じ
数学的な「1」だって存在しない
ただの概念

7:匿名 2019年3月24日 15:29 | 返信

>> 5

たぶん神視点の絶対時間みたいなもののことを言ってるんだろうけど、そんなものはない
ないというか我々にとっては「ない」
時間というのは物理的な概念だから相互作用が前提になってる
神とは相互作用しないわな
相互作用をしないものは物理的には存在しないと言って問題ない
神が観測してる?
それは神がこっちからの作用を受けてる(観測してる)のであって、あっちにとっては絶対時間あるかもな
でもこっちにはないよ

6:匿名 2019年3月24日 10:55 | 返信

人間が時間と思っているものは時間ではない。ゆえに時間は存在しない。

5:トランプ大統領 2019年3月24日 10:15 | 返信

時間を物の動きと捉えているようだが、素人はそうは思っていないので
例えすべての物質が静止したとしても動いているのだよ。
大体、その研究者の実験とはなんだ?詳しく聞かせてもらいたいな。
お前がそう思っていても世間はそう思わんぞ。
いくら研究者だからとはいえ、宗教のように同じ思考の集まりで頭がおかしい人にしか思われない。
根本から間違っているのは研究者だってことになってもおかしくない。
主観次第だったら、ただの空想だろう。アホかと思う。
研究者ではなく小説家にでもなったらどうかと思うのだ。

4:匿名 2019年3月24日 04:17 | 返信

>>1
科学はそういうものじゃないからね
どう使うかとかどう利用できるか考えるのは科学者の役割じゃない

3:匿名 2019年3月24日 02:48 | 返信

1の人の意見、素晴らしい!
全くその通り。

2:匿名 2019年3月23日 15:16 | 返信

キングクリムゾン!

1:匿名 2019年3月23日 13:33 | 返信

なるほど、「泡」ね。
言うように突き詰めていったらそうなるのかもしれないよ。でも、それに何の意味があるのだろう。
 
たとえば、携帯電話から聞こえてくる相手の声が、その真相は精巧に作られた音声合成だと教えられたところで、「そうしてノイズリダクションや伝送データを軽くしてるんだぁ。現在の技術力は凄いな」とは思うけど、実際のところ携帯電話の使用者として言えば、本人の声と区別がつかなければ音声合成でも本人の声でもどうでもいい。
 
「今」が泡であろうが、一瞬であろうが、一般人から見ればそんなことはどうでもいいのだ。時間軸が一定方向に流れ、その途中に「今」があるという認識は社会通念上、変わらないし変えられない。
 
むしろ、われわれとしてはそんな屁理屈より、
仮に「今」が「泡」だとして、どのように世の中が変わる可能性があるのかを示してほしい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。