「あと5年で全人類IQ200、脳チップでネットと直結…」思い浮かべるだけで検索&全理解の時代到来! 逆に能力格差が広がる可能性も…

 いっそのことスマホが頭の中に入ってしまっていれば、これほど便利なことはないだろう。だが驚くなかれ、人間の脳がネットとつながる時代はあと5年もすればやってくると、ある神経科学者が断言している。

■脳にチップを装着し、誰もがIQ200になる日

 ちょっとした調べものをしたり、地図で現在地を確認したりといったことが外でも簡単にできるようになったのは、スマホの大きなアドバンテージだ。そしてもし、こうしたことをスマホすら持たずに頭の中で全てできてしまったとしたら……。

 まさにサイエンス・フィクションの世界だが、ある専門家は今後5年以内にはそうした技術が普及し始めることを予測している。大がかりな手術などを必要とせずに、人間の脳がネットワークにつながる日は案外近いというのだ。

「あと5年で全人類IQ200、脳チップでネットと直結…」思い浮かべるだけで検索&全理解の時代到来! 逆に能力格差が広がる可能性も…の画像1
「Daily Mail」の記事より

 米ノースウェスタン大学の神経科学者で経営学者でもあるモラン・サーフ教授は現在、シリコンバレーの協力者と共に脳に装着する「スマートチップ」の開発に取り組んでいる。このチップを通じて脳がダイレクトにネットにつながることで、我々の知能は飛躍的に向上するということだ。そして驚くべきことに、あと5年以内には実用化されるというのである。

「(脳内で)インターネットに接続してウィキペディアにアクセスしたとしてください。私が特定の事柄についての疑問や謎を思い浮かべた時にはすぐに答えが提示されるのです」(モラン・サーフ教授)

 もしこうした技術が実用化されれば、ほとんどの筆記試験やテストなどは意味をなさなくなることになる。まさに科学技術による人類の“進化”だと言っても過言ではないだろう。

「あと5年で全人類IQ200、脳チップでネットと直結…」思い浮かべるだけで検索&全理解の時代到来! 逆に能力格差が広がる可能性も…の画像2
画像は「YouTube」より

 たとえば高知能のサルのIQは70くらいあるといわれている。人間の平均IQは100で、天才と呼ばれる人たちのIQは平均すれば140ほどだ。そしてこのスマートチップを装着した人間のIQは200前後になると見込まれているという。科学技術によって天才を軽々凌駕できる日が来るのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ