【ガチ】「米軍のUFOファイル全部読んだ」元議員がTVで暴露!エリア51、ビッグフット、キャトルミューティレーション…全機密文書の公開を要求!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
画像は「YouTube」より

 どうやら部下のスタッフたちが文書の内容を簡単に要約してリード氏に随時報告していたようだが、そうして手分けして読破した大量の文書の中には、ユタ州の牧場で何年も続いた異常な現象や、核ミサイル基地や機密扱いの軍の施設や部隊の上空に出現した未知の航空機についての文書があったということだ。

 トカナ読者ならご存知かもしれないが、ユタ州の牧場と言えば「スキンウォーカー牧場」という超常現象が多発する牧場のことで、UFOやビッグフットに似た謎の生物が目撃されたり、解体された牛(キャトルミューティレーション)が発見されたりと、さまざな不可解な現象が起きていたとされる場所である。

画像は「YouTube」より

 情報公開法によって今日、かなりの量のUFOにまつわるかつての機密文書を閲覧することが出来るが、リード氏によればそれはまだまだ氷山の一角に過ぎないことになる。政府による新たなUFO報告機関の設立を目指し、精力的に“ロビー活動”に取り組むリード氏に引き続き注目していきたい。

参考:「LasVegasNow.com」ほか

文=仲田しんじ

編集部

コメント

3:匿名 2019年3月25日 18:12 | 返信

お!何か面白そうな話だなとリンク飛んできたらトカナで
なんだトカナかよってなるサイトはトカナだけですよね(当たり前)

2:匿名 2019年3月25日 17:25 | 返信

日本も公開しろ

1:匿名7 2019年3月25日 16:18 | 返信

開示なら全開示で。部分開示なら、しないほうがマシ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。