「もうペットボトルの水は飲まない」超有名ジャーナリストのがん患者が衝撃宣言で話題! 発がん性化合物はあるのか… 医師の見解は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「Wikipedia」より

 つまり、ペットボトルの水の発がん性を気にする前に、カリカリに焼いたベーコンを食べるのをやめたほうが、はるかにがんのリスクは低くなるのである。

 今日ますます深刻な環境問題になっている“マイクロプラスチック”を含め、現代人の生活からすべての発がん性物質を取り除くことは、もはやきわめて困難であることをシュワルツ博士は指摘している。

「がんは多種多様で壊滅的な病気です。肉料理からの化学物質、または自然の環境で発生するヒ素粉末のように、ガンを引き起こす可能性がある化学物質は生活環境の中にたくさんあります。私たちはがんを引き起こす化合物の“たまり場”に住んでいるのです」(ジョー・シュワルツ博士)

画像は「Wikimedia Commons」より

 どうやら市販の飲料水の発がん性を詮索するよりは、ペットボトルや空き瓶、空き缶のリサイクルを確実に行うほうが、環境中の発がん性物質を増やさない活動につながるのかもしれない。ともあれシュワルツ博士を信用するならば、ペットボトル飲料の発がん性はまったく心配しなくてもよいのだろう。

参考:「Daily Mail」、「SurvivorNet」、ほか

文=仲田しんじ

コメント

4:匿名 2019年4月7日 13:26 | 返信

>> 1

陰謀論者、このまま行けばどうなる事か
疑えば道はあり
疑わば道はなし
迷わず行けよ
行けばわかるさ
だっ!

3:匿名 2019年4月5日 23:56 | 返信

カリカリに焼いたベーコン大好きなんですが
気にせず食べてます

2:匿名 2019年4月5日 10:01 | 返信

そんな遠回りな人口削減策はないでしょ
無差別な上にがんになったって寛解する人もいるし、寛解しなくても一瞬でどうこうなる訳じゃない
しかも医療費もかかる

1:匿名 2019年4月5日 04:31 | 返信

心配しなくていいと言われるとむしろ心配になる!人口削減の一環ではないのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。