平成の未解決事件トップ3! 世田谷一家、福島女性教員宅便槽内怪死、赤城神社主婦失踪…神隠し、トイレで怪死!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

●赤城神社主婦失踪事件(1998年5月3日)

 

赤城神社/Wikipediaより

 1998年5月3日、千葉県白井市の主婦・志塚法子さん(当時48)は、家族(夫・娘・孫・叔父・叔母・義母)と群馬県宮城村三夜沢(現前橋市三夜沢町)の赤城神社へツツジ見物に訪れていた。あいにくの雨のため、神社へ行く夫と叔父以外は駐車場に停めた車の中で待つことに。しかししばらくして法子さんは「折角だから、賽銭をあげてくる」と、財布からお賽銭用に101円だけを取り出し、神社への参道を登っていった。ところが、待てども待てども法子さんは帰ってこない。娘は駐車場から法子さんが境内とは別方向の場所でたたずむ姿を目撃していたが、法子さんが車に戻ってくることはなかった。

 家族の通報を受け、警察は10日間で100人余りを投入し、付近を捜索。参道は山道ながらもよく整備され、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もない。また、ゴールデンウィーク中で神社には沢山の人が訪れていたが、不審な人物や物音を聞いた人はいなかった。事件当日、法子さんは赤い傘を差し、ピンクのシャツに黒のスカートという派手ないでたちだった。

 事件が動いたのは、それから7ヶ月後。失踪当日の同じ頃の赤城神社で偶然撮影されたホームビデオが撮影者によってテレビ局に提供されたのだ。そこには法子さんとおぼしき人物が、小さい子供のような人物に傘を差しだすような姿が小さく写りこんでいた。しかし送り主からの申し出はなかった。また失踪後、自宅には無言電話が数回かかってきているといい、局番は「大阪」と「米子」だったという。

 家族は藁をもすがる思いで、未解決事件を扱う番組「奇跡の扉 TVのチカラ」に捜査を依頼。透視能力で過去何度も事件を解決してきたと言われているゲイル・セントジョーン氏は自身の透視能力で「暴行目的の拉致で、法子さんはすでに亡くなっている」と結論付けたが…。オカルトライターは「赤城神社にはもともと神隠し伝説があると言われています。赤い傘が災いしたのか、赤城神社の〝神〟に法子さんは魅入られてしまったのかもしれません。車中で急に『お賽銭をあげてくる』と言い出した時点で、彼女は呼ばれていたのでしょう」と推察する。

 ちなみに法子さんが取り出した101円は風水で「今までの訣別、物事の始まり」を意味するという――。

文=平成和昭

コメント

3:じょん・すみす 2019年6月5日 18:55 | 返信

便槽云々に関しては、むしろ
自分で入ったんじゃないか、としか思えない。
仮に何らかの理由で便槽に押し込まれたのなら、汲み取り口の
蓋を開けたままにはしない様な気がするんだが。

2:匿名 2019年4月5日 02:25 | 返信

トイレのやつは、やっぱり誰かに無理矢理入れられたとしか思えない…
子供じゃないんだから、入ったら出られなさそうなことくらいわかるし。

1:匿名 2019年4月4日 17:41 | 返信

韓国にマフィアはいない。あるのはチンピラ、ヤクザ、極道の3つで構成されてる。
日本のヤクザ林が韓国で組織化したのが始まり

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。