巨大竜巻で“たった一軒だけ無傷だった”家の謎! 周囲は全滅なのに… これが「イヤシロチ(弥盛地)」の作用か!?=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■イヤシロチ(弥盛地)なのか?

 皆さんは、「イヤシロチ(弥盛地)」という言葉をお聞きになった事はあるだろうか。

「イヤシロチ」とは一言で表すと、「良い土地」のことだ。そこには良いエネルギーが満ちていて農作物も豊作で、建物の耐久性も優れるという。

 ちなみに、「イヤシロチ」とは逆の「ケガレチ(気枯地)」という土地もあり、そこは文字通り気が枯れ、人間や動植物の気を奪い取る土地を指すという。

巨大竜巻でたった一軒だけ無傷だった家の謎! 周囲は全滅なのに… これが「イヤシロチ(弥盛地)」の作用か!?=米の画像3
「Unexplained Mysteries」の記事より

 この映像を見ると、この家は「イヤシロチ」に建っているのではと思わされる。いったいなぜこの家だけ、竜巻から逃れられたのだろうか? 実に不可思議な現象で、「イヤシロチ」の力が作用したのかもしれない。

参考:「Unexplained Mysteries」、ほか

文=三橋ココ

コメント

2:匿名 2019年4月9日 12:55 | 返信

イヤシロチかどうかは土地の磁気を調べればわかるらしいぞ!船井幸雄先生が昔言っておりました。

1:匿名 2019年4月9日 12:17 | 返信

一目見たら木造に見えるけど、実は鉄筋コンクリートでガチガチに作られた家だったとか・・・
調べてみないと分かんないぞ。
 
安易にイヤシロチなどと結論付けるべきではない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。