友情の平均寿命は「10年」だと発覚! 理由は意外と残酷…? 社会学者が発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

友情の平均寿命は「10年」だと発覚! 理由は意外と残酷…? 社会学者が発表!の画像3
画像は「getty images」より引用

 

 ただし、縁を切る能力も過剰であってはいけない。過剰な“流動性”は協力関係を台無しにしてしまうからだ。もし毎日違う友人を作り、1日で友だちを止めるとしたらどうだろうか。これほど短期的な関係では相手に協力し、友情を育む理由が見当たらなくなってしまう。これは結婚の場合も同様だとクリスタキス博士は言う。

「もし離婚が不可能であり、配偶者が意地悪な人間だとしたら、あなたも相手に対して意地悪な人間になるしかありません。反対に毎日違う配偶者と結婚し離婚する状況でも、あなたは配偶者に対して良い人にはなれません。毎日配偶者が替わるわけですから、相手との関係なんて気にしないでしょう」(クリスタキス博士)

 また別の例では、

「スターリン治世のソ連のように、あなたは住む場所を絶対に変えられず、近隣住民もずっと同じだとしましょう。そんな状況で近所の人がみんなアパートの廊下やホールにゴミを捨てたとしたら、どうしてあなたが掃除をしなければならないでしょう? あなたもゴミを捨てるのではないでしょうか。では反対に毎日お隣さんが替わるとします。翌日にはお隣さんはいなくなってしまうのに、どうしてあなたが歩道を掃除して、生垣を整えなければならないでしょう?」

 こうした理由により、固定された関係でも超流動的な関係でもなく、その中間点が人間関係を育む最適な期間になるという。そのため友情の平均継続年数は10年ほどになるのだろう。

「親しき仲にも礼儀あり」は社会学的にも正しいことわざだったようだ。あなたの友人はあなたと“縁を切ることができる”ことを忘れないようにしたい。

文=編集部

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年4月11日 06:34 | 返信

離反者の分をやるか、自分が離反者になるか?はぁ?離反者を切りますけどねぇ‼️なんで二択なん?

2:匿名 2019年4月10日 20:56 | 返信

いや、書いてある内容は正論ですが。
理解できないのか、単にクレームつけたいだけか。

1:匿名 2019年4月10日 10:54 | 返信

特に実験したわけでもアンケート取ったわけでもなく、ただ理屈をこねて妄想を展開させただけの結論だ。
こんな程度の妄想話なら、誰にでもできる。
わざわざ記事にするほどのものか??

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。