山口組分裂騒動、あの「ミナミの練り歩き」にヤバい異変! 借金、西成、縄張り、地獄の未来… 六代目と神戸・任侠の一騎打ちへ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
山口組分裂騒動、あの「ミナミの練り歩き」にヤバい異変! 借金、西成、縄張り、地獄の未来… 六代目と神戸・任侠の一騎打ちへ!?の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 2015年に六代目山口組から分裂した指定暴力団・神戸山口組。その後、2017年4月に神戸山口組から分裂した任侠山口組が誕生すると、この3者は大阪・ミナミを舞台に事実上の“三つ巴”の抗争を繰り広げてきた。そして今月、神戸山口組の定例会で衝撃的な発表が行われた。

 神戸山口組の舎弟頭補佐という要職を務める太田興業と、任侠山口組が3月28日付で親睦団体となる旨が発表され、神戸山口組と任侠山口組の抗争が終結したのだ。

 尽力したのは、神戸山口組最高顧問・池田組の池田孝志組長、若頭代行・五代目山健組の中田浩司組長。彼らが動き、井上邦夫組長・入江偵副組長・寺岡修若頭が承認した。

 ところが、組長以下執行部が承認したにもかかわらず、神戸山口組内部では今回の発表に不満の声が高まっているようだ。和解劇の裏で一体何が起きていたのだろうか?

「任侠山口組の織田絆誠代表と、若頭である四代目真鍋組の池田幸治若頭には多額の借金があったと聞きます。それらを神戸山口組が免除もしくは立て替えたりするから和解しないか、という話が前から出ていたという噂は聞きました。実際のところ、すぐに合流するのは任侠山口組の体面もあるので難しいでしょうけど、太田守正組長率いる太田興業(神戸山口組の舎弟頭補佐)は織田絆誠代表の器量を認めており、親睦団体という話は落としどころとしては最善の策だったのではないでしょうか」(実話誌記者)

 太田興業も、元々山健組に参画して、五代目山口組から直参に昇格した組織であり、根は同じ組織である。

 しかし、ここで新たに問題となるのは、今まで準暴力団なども使って三つ巴の対決を続けてきた舞台、つまり“過密暴力地帯・ミナミ”の今後である。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年4月11日 17:09 | 返信

トカナが大好きな南海トラフ地震が起これば抗争は自然消滅w

1:I県K市にお住まいの某さんへ(メッセージ) 2019年4月11日 13:19 | 返信

今年の2月後半の某氏寝返り事件は私はすぐ直感的に“カネ”の臭いを感じました。
それも並みの金額ではなく相当な金額だと思います。「10万ドルポンとくれたぜ!」的な安い金額ではなくもっともっと桁が上のそれこそ人生観が変わるほどの金額だと思います。
YouTubeを見てもなんとなくわかる通り、あの話し方を見ると何度も何度も練習して本番で流暢に話せるように準備してきたと思います。決してアドリブなんかじゃないと思いました。

昔陰謀系の本にこんなことが書いてあり、歴代の日本の首相になる人たちのところには毎回ア○リカお偉いさんが来て、「金か?それとも鉛か?」と脅されるそうです。
どういうことかというと、多額の金をもらって俺たちに従うか、それとも俺たちに逆らいここで銃の鉛玉を食らって死ぬか、どちらを選ぶか?ということです。平和ボケした日本人にはにわかに信じがたい話だと思います。
歴代の首相の中には逆らって殺された人もいるそうですが、ほとんどの人は言うまでもなく金をもらったと思います。小渕さんなんかは最後あたりは彼らに逆らい毒殺されたのでは?と勝手に思っています。

某氏にも似たような出来事があり、あのような事件に至ったのでは?と勝手に想像しています。

あと私事ですが、今後アカウントの類いは作らないと思います。
アカウントはいつも誰かに破壊されてしまいますが、それがどこの誰かわからないのではなく、『誰かやってるか薄々わかっている』からこそ腹が立つのです。ネット民たちは全員利用されてるだけで本当は何の関係もない人たちだと思います。力と金さえあればこの世界ではなんでもできるのだなと思いました。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。