「核廃棄物を一瞬で無害化」ノーベル賞科学者の発明はウソか、本当か!? 推進派も反対も完全に勉強不足、これを読んでから物を言え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
イメージ画像:「Gretty Images」

 2018年にノーベル物理学賞を受賞したフランス人のジェラール・ムールー氏が、核廃棄物の画期的な処理法を発明したというニュースが流れた。曰く「特別なレーザー装置を使用することによって、核廃棄物の放射能の半減期間を数千年から数分に短縮することを提案している」のだとか。

 ネット上では「コスモクリーナーだ!」「福島第一もこれで」等々、世紀の大発明のように思われているようだが……なにも新しい話ではない。これ、実はずいぶん前から研究されている「核変換処理」という技術で、しかも日本の大阪大学レーザー科学研究所が世界でもぶっちぎりの実績を上げている分野なのだ。

 だから、「ノーベル賞学者が」という見出しに踊らされて、今回の研究が元日本原子力研究開発機構関西光科学研究所長で現在米カリフォルニア大学アーバイン校教授の田島俊樹氏との共同研究だという点を見逃すと、話を見誤る。田島教授こそ、高出力レーザー研究の第一人者で、プラズマ物理学の最高権威であるチャンドラセガール賞を受賞しているスーパー研究者なのだ。

■まずは高レベル放射性廃棄物のヤバさを理解せよ

 原発で出る使用済み燃料のうち、問題となるのは高レベル放射性廃棄物だ。原子力発電に使われたウランやプルトリウムといった燃料1トンにつき、再利用できない核物質は約50キロ。残り950キロは精製してまた燃料として使える。この異常な燃費の良さが原子力発電の魅力ではある。

 とはいえ、この残った50キロの高レベル放射性廃棄物が大変なのだ。放射線量は1,500,000mSv/h。値が大きすぎるので、ミリをとって1500シーベルトとする。

イメージ画像:「Gretty Images」

 放射線を浴びて具合が悪くなる境界線が1シーベルト。体にガンができて死ぬのが10シーベルト。放射線治療でがん細胞を死滅させる時の強さが100シーベルト。だから、100シーベルトをがん細胞以外、全身に浴びたら人間は即死する。しかし、高レベル放射性廃棄物の放射線はその15倍だ。

 このくらい放射線が強いと熱線になる。高レベル放射性廃棄物は熱いのだ。そもそも原子力発電は核燃料の発熱でお湯を沸かしてタービンを回しているので、当然と言えば当然。では、現状それをどう処分しているのか。

コメント

6:匿名 2019年4月18日 06:18 | 返信

海外のとある映画で女性が「これまさか日本産じゃないわよね?」と言って食べてた魚を吐き出すシーンがあるらしい。これこそ世界共通の認識(日本以外の)。
.
しかし、その映画が日本に輸入されたときには『そのセリフが別の翻訳や吹き替えに変わっていたのだ!』
.
ニホン政府や東電なんかは徹底的に我々をマインドコントロールして騙しておきたいという狙いがある。
.
東電「放射能は安全ですよー、エヘヘー」
.
今さらインボー論にはまっちゃう人なんかもそうだし(私なんかもインボー論じみたことを書きますけどね)、インボー論なんかよりも世の中のウラ側や世界の人たちの認識なんかをググって調べてほしいんですけどね。日本人はメンドウクサガリなんで絶対にしない。

5:匿名 2019年4月18日 03:26 | 返信

まったくもって。
細野の発言からも日本は「巨大な実験場」だな。
ヒトラーはこれを言ったんじゃないだろうか。

さて問題は。
一般国民はどうしたらいいのか。
何ができるのか、だよな。
誰もが枝野の家族のように海外へ移住・疎開できるわけでなし・・・
一時的に避難できても、長続きが困難なんだよな。

4:金 正恩 2019年4月17日 23:26 | 返信

インボー論みたいになって恐縮だが世の中には既に発見されているがとある理由で表に出ない、もしくは意図的にコスト高を招いて現状の技術を用いた方が割安だと誤解させてる技術ってのはある。フリーエネルギーの話や藻類から石油、海底の氷からメタンを抽出だとか。ただ新しい技術は既存の技術を上回れば既存のエネルギーや技術で儲けてる連中にとっては脅威になる。ゆえにデマだのインボー論だのタグをつけて新しい技術を葬るコトに時間とカネをかける。目先のカネ目当てと自分だけ、が新自由主義経済の美徳だから、成功するかわからない、あやふやな実験にカネを出す連中も少ない。ゴミはゴミ国民に食べさせて、健康データをあげれば次の核戦争時に被害データの参考資料にもなる。ロシアには放射能を電気的に分解する技術を既に持っているという話も一時流れたがどーなのかな?

3:匿名 2019年4月17日 20:28 | 返信

>> 1

無害化まではいかないが軽減する技術はすでにわかっているのにそれを政府は決して使おうとはしない。しかもローコストで。(もちろんだが無害化の技術も)
.
我々一般市民に苦しみながら死んでほしい、というのが『彼ら』の切なる願いらしい。
.
そしてそれもすでに現実のものとなっている。
.
彼ら=いわずもがなの、お馴染みの人たち

2:匿名 2019年4月17日 17:21 | 返信

最後の
ニャンコの目からビーム!!!のイメージ画像で
信憑性 一気に0になった(笑)

1:匿名 2019年4月17日 14:32 | 返信

放射能を無害化する技術は、
放射性汚染物質を世界中にまき散らし、市民に食べて飲んで「たくさん被曝して頂いた」( NHKクローズアップ現代で細野豪志が口を滑らせたセリフ)末に、多数の人が不調や死亡したその後に上級国民のためだけに使う技術であって、一般国民はその恩恵を受けさせてはもらえない。
AIの技術があれば、人間がやるべき仕事などもうほとんどないし、一般国民は邪魔なだけだから間もなく地上から消される運命なんだよ。
今までは利用価値があったから、奴隷として生かされてきただけだよ。
 
暗い世の中での数少ない明るいニュースなのに、一般国民には知らされない理由がほかにあるか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。