令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える“未来のお笑い芸人”

令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える未来のお笑い芸人の画像3

キック 今、ワードセンスの時代になっていじゃないですか。今のバラエティでひな壇のトークとかを見て笑っている人たちが、チャップリンとかキートンのような「動きの笑い」を見たときにどう思うかっていうのは興味があります。次に今の状況を壊せるのはそういう芸人なのかもしれないですね。

 動きの笑いを今もやっている人って、志村(けん)師匠とかしかいないじゃないですか。単に動けばいいわけじゃないですからね。動くことが形として面白いっていう。無音でも笑えるだけの動きって、相当な演技力がないといけないですから。霜降り明星とかもすごく動いていたけど、あれは動きの笑いっていうよりは、ツッコミの言葉を引き出すためのフリっていうところがありますよね。

ラリー そういう意味では、内村光良さんはずっと動きの笑いをやっていますよね。『LIFE!』でもそういうコントをいまだにやっている。内村さん自身もそれがやりたいんですよね。

キック 動きの笑いは本当にないですよね。なくなってきている。

ラリー 松本人志さん以降、言葉の笑いの時代になって、平成はずっとそれなんですよ。「ツッコミ芸の時代」っていうか、眼の前にいる人をどういう言葉でイジるかというセンスが試されている。有吉(弘行)さんのあだ名芸も後藤(輝基)さんの例えツッコミも全部そうですよね。たぶん、松本さんの影響で言葉の笑いが強くなりすぎているんですよね。

『エンタの神様』が流行ったのは、時代を読む力があるプロデューサーの五味一男さんが、そうじゃない笑いの方が実は大衆にウケるっていうのを分かっていたからかもしれません。

キック ユーチューバーを見て子供が笑っているじゃないですか。それを見ているとこっちは「こんなのつまんねえよ」って思うんですけど、『エンタの神様』も割とそういう感じだったと思うんですよね。「これの何が面白いの?」って言われていた。だけど、それこそが実は先駆けだったんでしょうね。

ラリー 動きとか衣装とか音楽の雰囲気で、何となく「楽しい」みたいな感覚を生み出していたんですよね。

キック 僕もユーチューバーだったんだな。

ラリー そう考えると、キックさんのネタはYouTube向きなのかもしれない。ムエタイのネタは、他人に対してツッコむみたいな形じゃないすか。ああいうユーチューバーっていますよね。せやろがいおじさんとか。キックさんは「ムエタイおじさん」ですね(笑)。

キック ムエタイおじさん、いいですね。やっぱり過激なことやんなきゃダメですよね。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える“未来のお笑い芸人”のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル