衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!の画像1
画像は「YouTube」より引用

 1995年にサリン製造プロジェクトに関与したとして特別指名手配され、その後、名古屋、京都、埼玉、川崎と逃走生活を続けた。

 そして相模原で逮捕されたのが7年前の2012年である。もう結構昔の話になってしまった。逮捕の直接の起因になったのは、同棲していた男性が親族に相談したからだという。やっぱ一番の敵は身内なんだなあ。

 逮捕から3年後には無罪判決が出ている。2007年からは男性と一緒に住んでいたのだが、一緒に住んでいた男性は犯人蔵匿罪で逮捕された。彼は有罪で、懲役一年半、執行猶予五年がついた。

 無罪になる女性をかばって前科がついてしまったのはかわいそうだが、逃亡中の恋なんてとても燃え上がりそうだ。映画にしてもらいたいものである。

 その彼女たちが住んでいたのが、今回紹介する相模原の住居である。

 

■菊池直子が潜伏した相模原の住居

 実際に足を運んでみたがなかなか見つけられなかった。住人に聞いてみたのだが、

「さあ、知らないわ」
「去年引っ越してきたので……」

 となかなか分からなかった。

 やっと知っている人を見つけたが、あからさまに不審そうな顔で僕を見ていた。どうやらオウム真理教の信者と思ったらしい。

 僕は、昔オウムの後継団体、アーレフに潜入取材をしたことがあって、結局脱退せずに飛んだ。つまりいまだに、アーレフの幽霊信者である可能性がある。あながち予感は間違っていない。

 そして、逃亡先の住居にたどりついて驚いた。あまりにもボロボロな建物だったからだ。天井は壊れて骨組みがむき出しになり、壁のトタン材にも穴が空いて中が丸見えになっていた。2階へ続く木製の階段が見えるが、いかにも壊れそうなほど劣化している。おばけ屋敷も顔負けだ。

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!の画像2

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!の画像3

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!の画像4

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!の画像5

衝撃的すぎる「オウム逃亡信者の潜伏先」の画像8連発! まるで廃墟、想像以上にボロッボロ…菊地直子はここに居た!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル