ヒトラーの地下壕に第5の“秘密トンネル”があったことが新発覚! 次々出現する逃亡の証拠、アルゼンチンで生存か!?

 1945年4月30日、ドイツ・ベルリンの総統官邸地下で愛人を道連れに自殺したとされるアドルフ・ヒトラー。しかし、その死は偽装だったという疑惑は今も囁かれており、南米に逃げ延びたという話もある。そんな噂を裏付けるような事実が米国のドキュメンタリー番組で明かされた。総統地下壕に5つ目の秘密トンネルが存在していたというのである。

ヒトラーの地下壕に第5の秘密トンネルがあったことが新発覚! 次々出現する逃亡の証拠、アルゼンチンで生存か!?の画像1
画像は「Wikipedia」より引用

 ヒトラー生存説は第二次大戦終結の直後から囁かれているが、それは西側諸国がヒトラーの遺体を公式に確認できなかったことに端を発する。発見後、自殺したヒトラーらの遺体は焼却されて見た目では判別できない状態になっていた上、それを手に入れたのはソ連であり、後に完全に焼却・破棄されてしまった。さらに、戦後に多くのナチス高官が南米に逃亡していたことから、ヒトラーも自殺を偽装して密かに地下壕を脱出し、アルゼンチンやコロンビアへと落ち延びたという疑惑が今でも拭い去れないのである。

 米ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組「ヒトラーを追跡せよ! ~浮かび上がった亡命説~」は、ヒトラー生存説を検証、ナチスドイツ崩壊後のヒトラーの足取りを追う内容である。

ヒトラーの地下壕に第5の秘密トンネルがあったことが新発覚! 次々出現する逃亡の証拠、アルゼンチンで生存か!?の画像2
画像は「Daily Star」より引用

 番組によれば、ヒトラーが避難していた総統地下壕にはこれまで知られてこなかった5つ目の秘密トンネルが存在するという。そのトンネルはベルリン中心部のティーアガルテンという公園につながっており、ヒトラーはそこから脱出した可能性があるという。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

ヒトラーの地下壕に第5の“秘密トンネル”があったことが新発覚! 次々出現する逃亡の証拠、アルゼンチンで生存か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル