まじ!? 切らずに手術する「分子レベル手術」が間もなく実用化!メスなし治療で“あなたの望む姿”に変身!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 気になる鼻や耳の形を手術することなく簡単に短時間で変えることができる、そんな時代がすぐにでも訪れるかもしれない。新たに開発された技術で、身体にメスを入れることなく関節を治療したり視力回復ができる可能性が広がっているのだ。

 

■“切らない手術”を可能にする技術

 将来、一部の美容整形手術、関節手術、視力回復術などが、切開することもなく、傷痕も残らず、痛くなく、しかも短時間で簡単に行われる時代がやってくるという。

 先日開催されたアメリカ化学会(American Chemical Society)の集会で、ある研究者らが、分子レベルの技術を用いて切開のない外科手術を可能にするという画期的な新しい施術法を発表している。

 その医療技術とは、鼻、耳、そして脳卒中や脳性麻痺などによって動かせなくなった関節における軟骨の再形成に革命を起こすことを約束するという。またレーザー眼科手術にも応用できる可能性があるということだ。

「Big Think」の記事より

 開発者はこれまでのところ、切開、傷痕、痛み、そして回復を待つ時間の必要もないまま、生きている組織を作り直すことができる能力があることを確認している。“手術”は、小さな針、電流、および3D鋳型を使用して簡単に行うことができるという。

「我々は、この新しい技術を局所麻酔下で行われる低コストの診療所での施術として想定しています。施術全体のプロセスは約5分あれば可能です」と研究チームを主導するマイケル・ヒル医師は語る。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。