15年間「野菜だけ」の女性、完全肉食に切り替え! 想像を絶する“体の異変”、驚愕の展開! =米

15年間「野菜だけ」の女性、完全肉食に切り替え! 想像を絶する体の異変、驚愕の展開! =米の画像1
ヴィーガンだった頃のカーターさん(左)、現在のカーターさん(右)。画像は「Daily Mail」より引用

 動物性食品を一切食べない完全菜食主義を15年間続けてきた女性が、一転して完全肉食主義に転じたニュースが海外で話題になっている。

 英紙「Daily Mail」(5月9日付)によると、米・カリフォルニア州在住のニコル・カーターさん(44)は、自身の健康と環境への影響を考え、18歳からヴィーガン(完全菜食主義者)になったという。その時の1日の食事メニューがこれだ。

朝食:アーモンドミルクと冷凍果物を混ぜたほうれん草スムージー

昼食:サラダ or 温野菜

夕食:サラダ or 温野菜

15年間「野菜だけ」の女性、完全肉食に切り替え! 想像を絶する体の異変、驚愕の展開! =米の画像2
画像は「getty images」より引用

 野菜やベリーは家庭菜園で栽培したものを使い、砂糖やアルコール、小麦まで完全に絶っていたという。しかし、完全菜食主義を長年続けていくうちに関節痛や精神的不安、鬱、エネルギーの低下、不眠症、便秘、消化不良に悩まされるようになっていったそうだ。そして、2006年には胆石膵炎、2012年には潰瘍性大腸炎を発症してしまった。この頃には脱毛、倦怠感、膣カンジタにも悩まされるようになっていたという。

「血液検査では、鉄分とビタミンDがほとんどないことが分かりました。低血糖症や慢性的な便秘、お腹の膨張感もありました。そして最終的に潰瘍性大腸炎を患ったのです」(カーターさん)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ