悪趣味・鬼畜・90年代サブカル議論に最終結論! バカの一方的な批判に打ち勝つための雑誌『バースト・ジェネレーション』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 去る5月20日、阿佐ヶ谷ロフトAにて、『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)主催による「90年代サブカル最高会議」なるトークイベントが緊急開催された。

バースト・ジェネレーション/東京キララ社


 『バースト・ジェネレーション』とは、日本の90年代を疾走した雑誌『BURST』の血統を継ぐビジュアル単行本として、身体改造ジャーナリストとして知られるケロッピー前田が責任編集を務めて立ち上げたものだ。その背景には、令和の到来とともに、平成という時代のカルチャーが、いまの時代感覚で整理整頓されようとしていることがあるという。そこでは特に、悪趣味、鬼畜、世紀末など、「90年代サブカル」と総称されるような一連の表現物や社会現象が問題とされてきた。

『90年代サブカルの呪い』(コアマガジン)

 「90年代サブカル最高会議」においては、『90年代サブカルの呪い』(コア新書)の著者・ロマン優光、『バースト・ジェネレーション』創刊号のカバーガールである姫乃たま、そして、釣崎清隆、石丸元章、福田光睦ら、BURST軍団が勢ぞろいした。そのイベントの白熱のレポートは、今年9月発売が決定した『バースト・ジェネレーション』第2号にて公開される。

 ここでは【予習編】に引き続き、イベントの司会進行を務めるケロッピー前田に議論のポイントなる90年代サブカルについて聞いてみた。(聞き手:辻陽介[ウェブマガジン『Hagazine』 編集長]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ケロッピー前田さんに聞く、90年代サブカルということで、前編に引き続き、後編をお送りします。5月20日開催の『90年代サブカル最高会議』にご参加された方もいらっしゃるので、復習編ということでお楽しみください」

ケロッピー「95年の『危ない1号』が成功したことから、鬼畜、悪趣味、世紀末といった90年代サブカルがひとつの社会現象になっていくんだよね」

「同時に90年代後半になると、ネットが急速に普及し始めます」

ケロッピー「そうだね。グロテスク表現はインターネットの中で消費されるものにシフトしていくことになるよね。もともと、メディアの中の世界はもっと遠い世界にあったはずだったのが、ネット時代になると、すごく身近なものになっていく」

「そうですね。ネット以前には、どんなことでも情報収集しようと思ったら、雑誌や本、あるいは人伝に頼るしかありませんでしたから」

ケロッピー「あと、90年代にはバックパッカーが流行して、若い世代がもっと気軽に海外に行けるようになったんだよね。実際、『BURST』の読者たちは誌面で紹介された海外のカルチャーを追体験していたでしょう」

『村崎百郎の本』/アスペクト

「そうですね。しかし一方、『危ない1号』初代編集長の青山正明さんは2001年に自殺。村崎百郎さんは2010年に読者を名乗る男に刺殺されました。90年代サブカルを象徴する二人がこの世を去ったことで、ひとつの時代の終焉を迎えることになったように思います」

ケロッピー「惜しいよね。本当に才能のある人たちで、自分たちの活動に命を捧げた人たちだった」

「そうですね。村崎百郎さんについては、その遺品の一部が『まぼろし博覧会』の村崎百郎館に展示されています」

ケロッピー「まさに、その村崎百郎館で、姫乃たまちゃんをモデルに『バースト・ジェネレーション』創刊号の表紙撮影をやったんだよ」

「そういう意味でも、『バースト・ジェネレーション』は、90年代サブカル議論を意識したものだったんですね」

コメント

2:匿名 2019年5月23日 10:44 | 返信

1.
このまま日本が終わっていくことはわけのわからぬ予知能力などなくても自称未来からやってきた人の話など聞かなくても世の中の裏情報を洗っていけば誰にでもわかること。
だからオカルトなんかにこだわらなくても日本がこのまま腐りに腐って滅んでいくのはもはや確定事項なんだ。
もう誰にも止められない。

1:匿名 2019年5月22日 20:58 | 返信

2062年から来た未来人は永山たかしだよ!みんな騙されてるよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。