『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、“アノ企業”の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント12
『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、アノ企業の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!の画像1
画像は「木村秋則 オフィシャルホームページ」より引用

 青森県でリンゴ農家を営む木村秋則氏が、肥料や農薬をまったく使わない自然農法によって栽培する「奇跡のリンゴ」。NHKによる取材や書籍・映画化、さらに道徳の教科書の題材にも採用されるなど、いまや日本全国で知らぬ人はいないほど有名な話となった。

 さて、そんな木村氏の功績を余すところなく記録した書籍が、かの有名なオノ・ヨーコ氏の協力を得てアメリカで出版される計画があったという。ところが、出版直前というタイミングでまさかの“差し止め”となったという情報が入ってきたのだ。今回筆者は、その背後で渦巻く恐ろしい闇をキャッチした。日本のメディアでは完全にタブー視され、一切報じられることがない一連の経緯について、余すところなく情報を発信する。

■「奇跡のリンゴ」基本情報

『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、アノ企業の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!の画像2
奇跡のリンゴ ― 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録』(幻冬舎文庫)

 1949年、青森県岩木町(現弘前市)に生まれた木村秋則氏は、22歳で農業を始めた。1978年からは本格的にリンゴの無農薬栽培に挑戦するも、失敗を繰り返して無収入の極貧生活を強いられることに。一時は自殺を考えるほど追い込まれたが、約10年後に努力が実を結ぶ。世界で初めて無肥料・無農薬でリンゴの栽培に成功した人物となった。

 氏の半生は2006年にNHK番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で紹介され、また、2008年には『奇跡のリンゴ ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』(幻冬舎)として書籍化、さらに2013年には『奇跡のリンゴ』として映画化されるなど一大センセーションを巻き起こした。そんな木村氏だが、月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏が過去の記事で紹介しているように、世界初となる偉業達成には数々のオカルト的要素が絡み合っていたことも判明している。木村氏自身、これまで数々のUFOを目撃してきたばかりか、異星人にアブダクション(誘拐)されたことまであると語っている。

■オノ・ヨーコ氏も心酔する木村氏の自然農法

 人類史上最も偉大なロックバンド、ビートルズの元メンバーである故ジョン・レノンの妻として知られる現代芸術家、オノ・ヨーコ氏。数年前のある日、彼女は日本からニューヨークへと渡航する際、空港のラウンジに置かれていた1冊の本を偶然手に取った。それこそが木村秋則氏の半生を綴った『奇跡のリンゴ』だった。

『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、アノ企業の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!の画像3
オノ・ヨーコ氏 「Wikipedia」より引用

 前人未到の業績と神秘的な実話に感銘を受けたオノ・ヨーコ氏は、同書をスタッフの好意でもらい受けると機内で一気に読了。木村氏の“哲学”や、肥料や農薬を一切使わない自然農法を世界に広めるべきだと考えるようになる。そして2010年7月、同書の英訳を開始すると自身のサイト『IMAGINE PEACE』で公開。これが海外の出版社の目に留まり、米国での書籍化が決まった。

■突然の出版差し止め、背後で何が起きていたのか!?

 ところがその後、事態は一変する。なんと、米版『奇跡のリンゴ』こと『MIRACLE APPLES』は、出版直前のタイミングで差し止めとなったというのだ。その背景を知り、真相を発信しているのが、高野誠鮮氏だ。

コメント

12:匿名 2019年5月26日 00:19 | 返信

>> 10

全く同感!

11:匿名 2019年5月25日 19:33 | 返信

今の日本に安全な所などひとつもない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49507

10:匿名 2019年5月25日 10:30 | 返信

これは言おうかどうしようか悩んだが、この際だはっきりと言わせてもらおう。
俺は『彼ら』よりも日本人こそが真の悪であり、『彼ら』以上に裁かれないといけないと本気で思っている。
彼らは確かに悪には違いないが、そんな奴は古今東西どこにでもいたし、そういうのに抵抗しながら我々は生きてきたんだよね。
でも昨今は明らかに違う。
戦後以降は平和ボケしバカになり、その自覚も認識ももちろんなく、ことなかれ主義に成り下がり、お上に逆らうよりも自分よりも弱い弱者を攻撃することを選び、そのことをおかしいとすら認識できなくなっている。
昔の日本人ならお上が舐めたことをしていれば一揆を起こして抵抗したんだよね?
日本の特攻隊に志願した英霊たちにタイムマシンが仮にあると仮定して彼らに未来のニホンの姿を見せて「この国をあなた方は命をかけて守りたいか?」と質問すれば、全員が全員NO!と言うに決まっている。
今のニホンはもうそんな恥ずかしい人間しかいなくなっている。もちろん自覚はゼロである。
もし俺の目の前に神が現れ「『彼ら』と日本人のどちらか一方のみを滅ぼせるがあなたはどちらを滅ぼしたいか?」と神に聞かれたならば一瞬の迷いもなく「ニホンジン!」と答えるに決まっている。
今のニホンジンは漢字で日本人と書かれるには値せず、滅ぼされるにふさわしい民族だと本気で思っている。
だから南海トラフかはたまた中国との戦争か、どちらかはわからないが、もしそのようなことが本当に起こってもそれは『必然でしかない』ということだ。自業自得。身から出た錆。この民族は助けられる価値などとうにない。

9:匿名 2019年5月25日 06:10 | 返信

>> 7

君だけ的外れだなw
フクイチが爆発したのは安倍が対策を怠ったからだと知らないの?

8:匿名 2019年5月25日 03:54 | 返信

木村と高野は腐った日本の希望

7:匿名 2019年5月25日 02:50 | 返信

農薬 除草剤 遺伝子組み換えだけじゃな~い
フクイチ爆発後〇〇シーベルト以下は安全 
直ちに健康に害はない!と断言したパヨク政治屋もいたな
(アベのせいじゃーズのボスw)

6:匿名 2019年5月25日 01:43 | 返信

この記事読んでまだのうのうと生きてるのならほぼ死人と同レベルだぞ!
価値ある情報を周りの人に提供しましょう。

5:匿名 2019年5月24日 23:06 | 返信

そろそろ立ち上がる時だ!日本人よ!この記事はガチダゾ!

4:匿名 2019年5月24日 21:38 | 返信

一番の問題なのは『彼らを咎める法も組織もこの国には存在しないこと』。
そう、一個もないんですよ、一個も。
そういう仕組みに気がついて他国では黄色いベストを身にまとって『彼ら』と戦い続けているんだよね。
ニホンではテレビがビビって放送しませんw
そりゃそうですよ、国民にマネされたら困りますもんねw
ニホンもマネすればカタカナのニホンからちゃんと漢字の日本に生まれ変われるかもしれないのに度胸のないヘタレしかいないのが現状です。
今この文章を書いているときにさえ『いつもの妨害を受けます』が慣れたものです。
(いつもの妨害=文字が消えたり、文章が消されたり)
民主主義の日本からスターウォーズのような帝国主義へと変わるのも時間の問題ですね。
(俺は正直もうあきらめているw)

3:匿名 2019年5月24日 21:19 | 返信

トカナさんのすべきことは、遺伝子組み換え食品を安全だと言っている売国奴の教授を取材することでは。

2:匿名 2019年5月24日 14:59 | 返信

いわずといれたモ○サントでしょ?w
(○にはンを入れてね😉)
M社って他にどこあるんですか?w
海外の先進国ではすでに各所で使用禁止になっているラ○ンドアップ(○にはウを入れてね😉)は日本では大人気で!いまだにいろんなとこでうられています!!
さすがは世界第一位を誇る民度の国だ!朝鮮人もシナ人もびっくりですね!(大笑いですね!)

1:匿名 2019年5月24日 14:52 | 返信

な、な、なんだってーーーーー!!!!(・◇・ )わー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。