タコは脳ではなく“8本の足”で考えていると判明! やはりエイリアンの末裔だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 その奇妙な姿と驚くべき能力の高さから“エイリアン疑惑”すらささやかれる海の生物・タコ。その最大の特徴は吸盤のついた8本の長い触腕(いわゆる“足”)だが、最近の研究でその腕には意思決定能力があるらしいことが判明したという。科学ニュースメディア「Science Alert」(6月26日付)が報じている。

Octopus Arms Are Capable of Making Decisions Without Input From Their Brains (Science Alert)

画像は「Science Alert」より引用

 タコには脊椎動物のような中枢神経系はなく、ニューロン全体の3分の2が体全体、特に腕に集中して存在している。このような分散型の神経系は、例えば複雑な地形の海底で餌を見つけた時、どのように働いて複雑な処理を行っているのかはよくわかっていない。

「神経系のノードが互いにどのように接続されているか、未解決の疑問が多く存在します」

 そう話す米ワシントン大学の神経科学者ドミニク・シヴィティリ氏は、これらの疑問を解消すべくタコの研究を行っている人物だ。その研究に用いられたのは日本の食卓でもおなじみのミズダコ(Enteroctopus dofleini)と、太平洋アカダコ(Octopus rubescens)の二種類。これらのタコは約5億個のニューロンを持つが、そのうち約3億5千個が腕に沿って分布している。そのため、感覚情報を即座に処理し、餌や敵など外的要因に素早く反応することができるのだ。

 実験では迷路や岩などの障害物を置いた水槽に餌を隠し、タコがどのように動くか詳細に分析した。コンピュータプログラムにより、タコの腕の動きは定量化され、その連動の様子や脳からの指示を推定された。すると、腕が脳と独立した意思決定能力を持っているらしいことが示唆されたのである。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年6月29日 23:59 | 返信

8本脚を事細かに制御するのは難しいから、半自動操作になるよう進化してきたってことだろうね

4:匿名 2019年6月28日 18:45 | 返信

だとしたらタコみたいにグレイとか旨いかも。
人類じゃないから殺人ではない。
動物でもないから動物虐待にもならない。
でも緑色のやつは不味そう。

3:匿名 2019年6月28日 13:48 | 返信

美味しいから関係ないね。

2:トランプ大統領 2019年6月28日 12:55 | 返信

再びタコの記事を書いたと言うのは
私をエイリアンの末裔と認識したという事か?
確かに意思決定機能があるが、もしかして私を食べる気か?美味しくないぞ人間よ。
私は毒のあるタコだ。
献血を拒否されたのは毒があるからで食べたら分解出来ない成分があって確実に死ぬと思われる。映画でもよくあるだろう?
エイリアンと言うのはそういうものだ。
たこ焼きは私を殺して食べる意味があるのかもしれんが、タコを食べると脳を支配されてロボットになるかもしれんし、よく分からんな。

1:やっぱり重度依存症者には何言っても無駄なんだと悟った。説得しようとした自分が間違っていました。見捨てる勇気も必要。(反省) 2019年6月28日 12:50 | 返信


タコはエイリアン説は以前に聞いたことがあります。
某国はタコばかり食べるから民族性がおかしくなるのだという話も聞いたことがあります。
ニホンジンはタコはあまり食べませんが変わりに『放射能☢️』をたくさん食べます。だから民族性もコンナ状態です。自覚ある人非常に少ないですが(笑)。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。