タコとイカの進化が想像以上に奇妙なことが発覚! 自分でDNA編集して身体改造“タコ・イカ宇宙人説”はガチだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 タコは進化を諦めた代わりに変化する身体を手に入れた? タコやイカの驚くべき変幻自在の環境適応力に注目が集まっている。なんと自らRNAを編集して常に“身体改造”を行っているのだ。

 

■タコは“肉体改造”に余念がない?

 新年度、新学期の季節を迎え新たな環境には柔軟に適応していきたいものだ。柔軟さといえば類いまれな軟体を誇るタコだが、その軟らかいボディに加えて、変化する環境へも実に柔軟に適応していることが最近の研究で明らかになってきている。

 イスラエルのテルアビブ大学とバル=イラン大学をはじめとする合同研究チームが2017年4月に学術ジャーナル「Cell」で発表した研究では、タコや一部のイカやコウイカは日常的にRNA(リボ核酸)を自分自身で編集して身体を変化させ環境に適応しているという驚くべき報告を行っている。彼らタコたちは常日ごろから“肉体改造”に余念がないのだ。

タコとイカの進化が想像以上に奇妙なことが発覚! 自分でDNA編集して身体改造タコ・イカ宇宙人説はガチだった!?の画像1
「Science Alert」の記事より

 我々の“肉体改造”は筋トレだったり、整形手術だったりするが、タコの場合は自分で自分の遺伝子情報を編集して生物学的に“肉体改造”を行っているというからすごい話だ。

 我々人間を含む一般の動物が環境に適応するために進化を遂げるには、まずDNAレベルでの変異が起こり、それが長い時間をかけて種に広まって徐々に生物学的な変化が進行すると考えられている。

 しかしタコの場合はどうも違うようだ。DNAの情報を運ぶメッセンジャーであるRNAの情報を自力で“書き換え”て、いわば“ニセのメッセージ”を全身に伝えることで、自分が望む“肉体改造”を行っているというのである。RNAにこのような編集の手が加えられると、タンパク質の働き方が変わる可能性があり、遺伝子変異を待たずとも、生物がその遺伝情報を微調整できるようになるのだ。

 もちろん人間を含むほとんどの生物はRNAを自分で勝手に書き換えるようなことはしないし、できない。もしできたとしても、望む効果よりも多くの問題を生み出すことになるのはある意味で目に見えているからである。しかしタコをはじめとする頭足動物(cephalopod)はそんな懸念などお構いなしだ。彼らは日常的にRNAを編集して自分の“肉体改造”に余念がないのである。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年3月26日 05:45 | 返信

昔の火星人が🐙な形だったけどガチだったんかい!

4:匿名 2019年3月25日 18:02 | 返信

高い知能といっても、ただの知能。水から上がれる訳でもなし。猿知恵みたいなモンダミン.もんかふえー

3:匿名 2019年3月25日 13:03 | 返信

>> 2

なるほど、
 
>RNAにこのような編集の手が加えられると、タンパク質の働き方が変わる可能性があり、遺伝子変異を待たずとも、生物がその遺伝情報を微調整できるようになるのだ。
 
と書かれてあるから、
自分がワサビ醤油で食べられてしまうと知った瞬間に、ワサビ醤油で美味しく食べてもらえるように、それにふさわしいタンパク質へと変性させているのかもしれないね。
 
イカタコには感謝するしかない。

2:匿名 2019年3月25日 12:06 | 返信

この記事のネタ元(たぶん)の記事に、日本語で
「醤油とわさびで食べるとおいしいぞ」
と書き込むと、多くの👍が得られた。

1:匿名 2019年3月25日 11:25 | 返信

さすがタコ。やっぱり宇宙人なのかも。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。