【量子論】シュレーディンガーの猫を救う方法が発見される!! 「量子跳躍」で“事象を反転”させて… 定説完全に覆る!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 世界的に有名な思考実験「シュレーディンガーの猫」を助ける方法が見つかったかもしれない。米イェール大学の研究者らが学術誌「Nature」(今月3日付)に発表した論文が話題となっている。研究者らは量子跳躍という現象をリアルタイムで観測することで、その兆候をとらえ、反転させることもできると主張している。

【量子論】シュレーディンガーの猫を救う方法が発見される!! 「量子跳躍」で事象を反転させて… 定説完全に覆る!(最新研究)の画像1
画像は「Phys.org」より引用

■シュレーディンガーの猫を救え!

 量子力学において、粒子は様々に異なる状態が重なり合って存在するが、観測によっていずれかの状態に収束すると考えられている。『シュレーディンガーの猫』はその異常さを説明する思考実験として提出されたものだ。

 この思考実験では、ラジウムとガイガーカウンター、青酸ガスの発生装置が内部に取り付けられた箱と生きた猫を用いる。ラジウムがアルファ線を発したらガイガーカウンターが反応し、青酸ガスのスイッチを入れる仕組みとなっている。ある時間内にラジウムがアルファ線を発する可能性は50%。つまり、この箱の中に猫を閉じ込めて一定時間後、中の猫が生きている確率は50%、死んでいる可能性も50%となる。そして、量子力学においては、外から蓋を開けて猫の生死を確認するまで、箱の中の猫は生きている状態と死んでいる状態が重なり合っているとみなせる。

 提唱者の理論物理学者エルヴィン・シュレーディンガーは、この思考実験を量子力学における矛盾、そして量子力学のミクロの世界における挙動をマクロな現象に結びつけた時の奇妙さを指摘するために提案したとされる。本人の意図はどうあれ、シュレーディンガーの猫は量子力学における重ね合わせと予測不可能性を説明するために頻繁に使用される。

 今回、米イェール大学の物理学者ズラトコ・ミネフ(Zlatko Minev)氏らは、量子跳躍という現象を調べ、その挙動が実は予測されていたほどはランダムでないという、定説を覆す驚くべき発見をした。量子跳躍とは粒子のエネルギー状態が急激に遷移することで、ランダムに発生するため、従来は予測することはできないと考えられていた。

コメント

4:匿名 2019年6月12日 00:06 | 返信

シュレディンガーの猫、知らんでコメントしてるでしょ。

3:トランプ大統領 2019年6月6日 23:48 | 返信

>> 1

ワンちゃんの話がなぜ出てくるのだ?
今のところ犬の治療方法は殺す以外にない。治療技術も道具もないので仕方ない。
運よく宇宙人が協力してくれればいいが、頭のおかしい宇宙人しかいないので絶望的である。
治せるのがたった一人、私しかいないのでは、頭のおかしい犬の治療をするのは困難である。
猫は猫を殺そうと計画した奴を根こそぎ始末すれば解決される。
一体、猫が何をしたというのか?言ってみろ!と尋問し何も言えないのなら
そいつを天麩羅にするしかない。フライでもいい。動きが良くなるように油をくれてやるのだ!

2:匿名 2019年6月6日 01:55 | 返信

毒を発生させる装置を取り除こう

1:匿名 2019年6月5日 21:01 | 返信

【量子論】シュレーディンガーの猫を救う方法が発見される!!


猫ちゃんを救う方法とありますが、『ワンちゃん』を救う方法もあります。
ペットのワンちゃんの病状が芳しくない方々がいらっしゃいます。
陰陽五行説なるものがありますが、これはどうも人間のみならず『ワンちゃんにも』使えるそうです!
私も軽く調べてみましたが、確かにありましたね。
陰陽五行を使えば今ワンちゃんの病状がどういう状態でどういう治療ができるかわかります!基本的な治療方針はそこで固まります。
私は知っていますが、ここで書く気はさらさらありません。お金を出されてもお断りします。
ワンちゃんの病状が芳しくない家族の方は是非ともワンちゃんためにお調べになってください。
あとワンちゃんと書きましたが元は人間の病気治療のためのものなので自分の病状と治療については医者や薬剤師まかせにするなどという愚行はどうかお避けになられて自分でお調べください!

以上!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。