スマホのしすぎで人類の頭蓋骨が変形していることが判明! 後頭部に謎の突起が出現中!

スマホのしすぎで人類の頭蓋骨が変形していることが判明! 後頭部に謎の突起が出現中!の画像1
画像は「getty images」より引用

 スマートフォンが人間の頭蓋骨を変形させていることが明らかになった。英紙「Daily Mail」(6月14日付)が報じている。

Daily Mail

 豪サンシャインコースト大学の研究者らが、18~86歳の頭蓋骨を調査したところ、後頭部に奇妙な骨の突起が若い世代で増えていることが分かったという。この現象は医療現場では薄々気づかれていたらしく、筆頭執筆者のデイヴィッド・シャハー医師も、ここ10年で患者らの頭蓋骨にこの突起が見られるようになったと語っている。

 こうした病気はすでに19世紀から知られてきたが、極めて珍しいものだったという。なぜ現代で急激に増加し始めたのだろうか?

 シャハー医師は、スマートフォンの普及で下を向く時間が増えたことがその原因だと指摘している。

スマホのしすぎで人類の頭蓋骨が変形していることが判明! 後頭部に謎の突起が出現中!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 大人で約5kgある頭蓋骨を支えているのは、頭蓋骨後部に繋がっている筋肉だ。長時間・長期間にわたってうつむいていると、この筋肉が大きく強くなる。さらに人体とは不思議なもので、この筋肉を補強するために頭蓋骨が新しい骨の層を形成するのだという。一種の“進化”と見ることもできるだろう。

 今のところ後頭部に形成された突起が健康被害をもたらしたという報告はないが、一度形成されてしまうと自然にはなくならないという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ