犬の悲しい顔は“飼い主の同情を誘うため“進化したと判明! アイフルCMはそれだった!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

 2002年、消費者金融業者「アイフル」のCMに登場し、一瞬でお茶の間の心を鷲掴みしたチワワのくぅ~ちゃん。その潤んだ愛らしい瞳に母性本能をくすぐられた人が続出したが、なぜ犬はこうも人に愛されるような表情を自然とできるのだろうか?

犬の悲しい顔は飼い主の同情を誘うため進化したと判明! アイフルCMはそれだった!!の画像1
画像は「Science Alert」より引用

 

 科学ニュース「Science Alert」(6月18日付)によると、実は犬は人間に愛されるために長い時間をかけて表情を進化させてきたことが、米ポーツマス大学の研究で判明したというのだ。同論文は科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」に5月10日付で掲載された。

・「‘Puppy Dog Eyes’ May Have Evolved Just to Make Humans Melt – And It’s Working」(Science Alert)

・「Evolution of facial muscle anatomy in dogs」(PNAS) 

「犬の表情豊かな眉は、人間の無意識の好みが影響を与えた結果です」

 そう語るのはポーツマス大学の心理学者ジュリアン・カミンスキ氏だ。カミンスキ氏らは、そのことを比較研究するため、同一の先祖を持つとされる犬と狼の表情を分析。その結果、犬には狼にない表情筋があることが判明したという。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年6月19日 11:04 | 返信

うちの犬も怒られると悲しそうな顔して
怒る気をなくさせるな

2:匿名 2019年6月19日 08:36 | 返信

人間も病気になることで他者の同情を誘ったり気を引いたりします。
これも人間の進化と言えるでしょう。
さらにそれだけでは飽きたらず楽して金が欲しいためさらに重度の病気になり(もしくは装い)年金や生活保護を受けとる強者たちもおります。
彼らは全員重度の依存症でありかまってちゃんでありクレクレ君でもありますが自分がそうであるとはまったく認識できません。金や同情はもらって当然と思い上がっているのです。
存在そのものが迷惑なのに自分がそんな存在であるとは認識できません。
しかしながらその逆もあり『自分がそうした存在であると気がついた者たち』から順に治ってゆくというヒニクも成立しうるのです。

1:匿名 2019年6月18日 18:51 | 返信

犬を飼ってる人達からすれば当然の今さら記事

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。