ガチの心霊現象が映った映画『霊的ボリシェヴィキ』がヤバい! 韓英恵に由紀子が憑依、高橋洋監督も戦慄した数々のオカルト現象とは!?(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ガチの心霊現象が映った映画『霊的ボリシェヴィキ』がヤバい! 韓英恵に由紀子が憑依、高橋洋監督も戦慄した数々のオカルト現象とは!?(インタビュー)の画像1
『霊的ボリシェヴィキ』

 日本におけるホラー映画界の巨匠・高橋洋氏は、映画『リング』シリーズや『女優霊』など、数多くのJホラー作品の脚本家としても名高い。そんな高橋氏が、神道霊言研究家で日本オカルト界の超重鎮・武田崇元氏が語る「霊的ボリシェヴィキ」という言葉からインスピレーションを得て誕生したという最新監督作品、それこそが映画『霊的ボリシェヴィキ』である。この魅惑的で謎めいた響きのタイトルに引き寄せられた人も多いことだろう。

 2018年2月10日の公開以降、各方面で「怖い」と噂になるとともにじわじわ反響が高まり、現在「霊的ボリシェヴィキ」中毒者が大増殖中。反響を受けて、6月5日には本作のDVDとブルーレイも発売された。そしてトカナは、リリースを記念して高橋洋監督と韓英恵氏に直撃インタビューを敢行した!


※ 2人の実家で起きたヤバすぎる心霊現象が明かされた前編はコチラ


■高橋監督と韓英恵が語るあの世とは?

――話を映画に戻しますが、本作はラストがとても衝撃的でした。どうしてあのような結末になったのでしょうか?

高橋洋監督(以下、高橋)  この作品は、もともと2000年に始まった映画シリーズ「Jホラーシアター」の1本としてシナリオを書き始めたもので、その時すでにラストは決まっていました。異界に触れて穢(けが)れてしまったからこそ、ああいうラストになったのです。

――高橋監督にとってあの世は穢れているというイメージなのでしょうか?

ガチの心霊現象が映った映画『霊的ボリシェヴィキ』がヤバい! 韓英恵に由紀子が憑依、高橋洋監督も戦慄した数々のオカルト現象とは!?(インタビュー)の画像2
左:韓英恵氏、右:高橋洋監督(撮影=白神じゅりこ)

高橋  人間の世界の外側にあるものを「穢れ」ととらえるのは、神道の考え方であって仏教ではありません。でも、日本では神道と仏教が混ざっているので、お葬式のお清めで塩を使ったりしますよね。それも、あの世とつながってしまうと人間としてまっとうな世界では生きていけないから、触れなかったことにしようという感覚からでしょう。人間が人間としての命脈を保つためには、(あの世には)触れないほうがいいと思うのです。

――生きている人間は、決してあの世に触れてはいけないんですね。

高橋  なるべく関係なく生きている方がいいけれど、うっかり触れちゃったらどうしようもありませんよね。ただ、本作では「あの世はなくて、地続きの異界があるだけだ」と言わせています。韓さん演じる由紀子も、幼い時に森を歩いていたら、あの世に迷い込んでしまったという設定です。

――では、韓さんはあの世についてどのようなイメージをお持ちですか?

韓英恵(以下、韓)  どうなんでしょうね……。でも、小さいときに「死んだらどうなるんだろう?」ということを真剣に考えたことがあって、すごく怖かったことを覚えています。でも、今はまったく考えないですね。ただ、亡くなった祖父は生前、倒れて息を吹き返した時に「三途の川の向こうで誰かが呼んでいた……」と話していました。三途の川の向こうで、人が本当に手招きをして呼んでいるらしいですよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。