日本最恐のホラー映画『霊的ボリシェヴィキ』を観ると心霊現象が起きると判明! 監督と主演女優が暴露「撮影中や上映中に霊が…」(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 日本におけるホラー映画界の巨匠・高橋洋氏は、映画『リング』シリーズや『女優霊』など、数多くのJホラー作品の脚本家としても名高い。そんな高橋氏が、神道霊言研究家で日本オカルト界の超重鎮・武田崇元氏が語る「霊的ボリシェヴィキ」という言葉からインスピレーションを得て誕生したという最新監督作品、それこそが映画『霊的ボリシェヴィキ』である。この魅惑的で謎めいた響きのタイトルに引き寄せられた人も多いことだろう。

日本最恐のホラー映画『霊的ボリシェヴィキ』を観ると心霊現象が起きると判明!  監督と主演女優が暴露「撮影中や上映中に霊が…」(インタビュー)の画像1
『霊的ボリシェヴィキ』

 人里離れた不気味な巨大廃墟で、「あの世に触れたことがある男女」が心霊と狂気の世界にいざなわれていく様子が描かれた本作。ちなみに「ボリシェヴィキ」とは、1917年10月のロシア革命以降、かのレーニンが率いた過激な共産主義革命を目指す前衛集団のことである。政治的な「ボリシェヴィキ」という言葉に「霊的」というオカルティックな言葉が結びつくことで、まさに異次元のパワーを放つ映画に仕上がっている。これは、あの世を過激な方法で呼び出す霊的革命映画なのである。

 そして、幼い頃に神隠しに遭った謎めいた主人公・由紀子を演じるのは韓英恵氏だ。韓氏は、巨匠・鈴木清順監督にその才能を見出され、わずか10歳で映画『ピストルオペラ』(2001)で衝撃的デビューを飾った。その後、『誰も知らない』(2004)、『アジアの純真』(2009)、『悪人』(2010)など次々と話題作に抜擢され、印象的な役を熱演。近年はNHK連続テレビ小説にも出演するなど活躍の場を広げており、今最も旬な人気女優である。

 2018年2月10日の公開以降、各方面で「怖い」と噂になるとともにじわじわ反響が高まり、現在「霊的ボリシェヴィキ」中毒者が大増殖中。反響を受けて、6月5日には本作のDVDとブルーレイも発売された。そしてトカナは、リリースを記念して高橋洋監督と韓英恵氏に直撃インタビューを敢行した!

【あらすじ】
 集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設。呼び集められたのはかつて“あの世に触れた”ことがあるという“ゲスト”と呼ばれる男女たちだった。
 その中の一人、由紀子は、幼い頃“神隠し”に遭遇して以来、不思議な違和感を抱えて生きてきた。その違和感の正体を探るべく、由紀子はこの集まりに参加したのだ。
 強すぎる霊気のために一切のデジタル機器が通用しないこの場所で、静かにアナログのテープが回り始める。やがてテープに記録されてゆくのは、心霊実験が“霊的革命”を目指す狂気の世界へと逸脱してゆくプロセスだった……。

■怪奇現象を呼ぶ映画『霊的ボリシェヴィキ』

――本作の公開から約1年が経ちましたが、これまでどのような反響がありましたか?

韓英恵氏(以下、韓)  この映画を観たり関わったりすると、「怪奇現象が起きやすい」という話をいろんな方が教えてくれました。たとえば、熊本の映画祭で起こった出来事とか……。

日本最恐のホラー映画『霊的ボリシェヴィキ』を観ると心霊現象が起きると判明!  監督と主演女優が暴露「撮影中や上映中に霊が…」(インタビュー)の画像2
左:韓英恵氏、右:高橋洋監督(撮影=白神じゅりこ)

高橋洋監督(以下、高橋)  そう! それも、説明がつかないオカルト現象でした。劇中で歌われる「ボリシェヴィキ党歌」をみんなで合唱しようというイベントを熊本の映画祭で行ったんですが、その時、撮影でも使用した歌詞カードをPDFファイルにして映画祭の担当者に送ったんです。すると、そのファイルをプリントアウトしたら黒文字のはずが全部赤文字になっていたという。

――ええっ!? それは怖いですね……!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。