誰も書かない『アベンジャーズ/エンドゲーム』の女性蔑視要素! 実はフェミニスト紛糾のミソジニー映画!?【ネタバレ注意】

 はぁ~い、タテロール高柳です。『アベンジャーズ/エンドゲーム』、みんな観た~? ワタシなんか2回目も観ちゃったわ。 予習してから行け! っていうネットの評判だったけど、予習なんて面倒くさいじゃない! だから1回目はユーチューブの復習動画をちらっと観だただけだったのよ。もちろんマーベルファンなんかじゃないから、過去作で観たのは『アントマン』と『キャプテン・マーベル』だけだったの。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観終わったら、涙が止まらないとか感動で立ち上がれねいとか聞いていたけど、ヒーローが死ぬところではそれなりに泣けたけど、「え?」って思うくらいあっけなかったわ~。

 他のヒーロー映画と比べても、あんまたいしたことないし、なんでこいつら困ってるくせに一番強い人(『キャプテン・マーベル』の主人公でヴァースという女性)を呼ばないの~~? 謎すぎるわ! と思ったわよ。ヒーロー集団のくせに戦い方下手すぎじゃない!?



 マーベルファンにそう言ったら、「アベンジャーズシリーズは、そんなものじゃない!」といきなり怒りだされちゃったのよ。まったくもう、面倒ねぇ。仕方なくアマゾンで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観たわよ。あら、なんなの! ちゃんと面白いじゃない!! 『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』を続けて観て、次に『アイアンマン』も観たわよ。アマゾンプライムじゃなくて、ちゃんと有料で観たわよ~! これでどう?

 いさんでもう一度『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観に行ったわよ。3映画分予習しているのでわかる場面が増えているじゃないの! すごいわ~!! その上、キャラに多少の思い入れができたから泣ける場面が増えてて、これってシリーズ観れば観るほど感動が倍増する仕組みなのねぇ。なるほど~!

 話中のタイムマシンで戻った場面の年号が各映画の舞台年だから、わかりやすいし、その当時観た自分の若いころも思い出せるっていう仕組みねぇ。よくできてるわ~。観なんだか過去映画を復習しながら進むっていうわけね!おかげで3倍感動して映画館を出ちゃったわよ。マーベルシリーズ全部を観たファンの感動も納得ねぇ。

誰も書かない『アベンジャーズ/エンドゲーム』の女性蔑視要素! 実はフェミニスト紛糾のミソジニー映画!?【ネタバレ注意】のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで