「核兵器付近にUFOが出現」「原爆実験時にはUFO監視役がいた」元米軍人が次々顔出し証言! アブダクションも暴露!

世界が大注目する米ヒストリー・チャンネルUFOドキュメンタリー『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』日本最速レビューシリーズ!

「核兵器付近にUFOが出現」「原爆実験時にはUFO監視役がいた」元米軍人が次々顔出し証言! アブダクションも暴露!の画像1
画像は「Amazon」より引用

 UFOはどこにでも出没するのではない。場所を選んで現れるのだ……という説を唱える人は少なくない。「核兵器のある場所にUFOが出る」と確信し、様々な証言を集め研究を重ね『UFOと核兵器―核兵器施設における驚異的遭遇事件(環健出版社)』を書き上げたロバート・ヘイスティングスもその1人だ。

 ロバートの父親は20年間米空軍に勤めていた。1960年代の終わりに核ミサイル基地であるモンタナのマルムストローム空軍基地で働いていた頃、基地関係者らの間で「UFOがやってきてミサイル上空に留まると、間も無くしてミサイルが誤作動を起こし壊れてしまう」との噂が囁かれていた。

 ロバートはこの噂に興味を抱き、1970年代から研究を開始。大勢の退役軍人たちにインタビューをし、「アメリカ政府は非常に高度な機能を持つ未確認飛行物体(UFO)が米空軍基地に侵入し、核ミサイルの上に留まることを繰り返している」ことを知っていたことを突き止めたとのこと。

 また旧ソビエトから持ち出された書類から、冷戦時代にソビエトでも全く同様のことが起きていたことが判明したとし、ロバートは、「核兵器があるところにUFOが現れる」「UFOは核兵器を監視し、時には誤作動を起こさせる」ことだけでなく、アメリカや旧ソビエトなどの外国政府も、国民にそのことを公表せずに隠していると批難。500を超えるアメリカの大学や海外で講義を行い、一般市民にも知る権利があると主張し続けている。

(ロバート・ヘイスティングス氏のインタビュー動画)


■『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』第五話

 米ヒストリーで6月28日に放送された『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』第五話は、このロバートの主張を支持するような内容であり、UFOに興味を持つ人々に「やはりそうだったのか!」と強い衝撃を与えるものだった。