「今週、11%の確率で巨大地震が発生する」米で地震学者が警鐘! 深海魚も打ち上がって本気でヤバい兆候!

「今週、11%の確率で巨大地震が発生する」米で地震学者が警鐘! 深海魚も打ち上がって本気でヤバい兆候!の画像1
画像は「Forbes」より引用

 6月26日、東海大海洋研究所と静岡県立大のグループが、リュウグウノツカイやサケガシラなどの深海魚の出現が地震の前兆であるという説を否定する研究結果を発表した。これを受け、マスコミもこぞって深海魚と地震の関係について「迷信」と断定する報道を行ったが、これはいかがなものか。その後、米カリフォルニアで起きたM7.1の地震でも、発生直前にリュウグウノツカイが打ち上げられていたことなどが判明している。長く地震前兆現象を研究してきた筆者にとって大いに疑問が残る研究結果であるため、どこに問題があるのかを指摘したい。

■「深海魚は地震前兆」迷信ではない!

 日本では、江戸時代から「深海魚が出現すると地震が起こる」といった言い伝えが知られていたが、特にリュウグウノツカイは地震との結びつきが強いと恐れられてきた。

 そうした中で、東海大海洋研究所と静岡県立大のグループは、リュウグウノツカイなど地震の前兆とされる8種類の魚類について調査を行った。1928年11月~2011年3月に確認された336件の事例を抽出し、深海魚の発見から30日後までに、半径100km以内が震源となったM6.0以上の地震を調べたところ、該当する地震は、2007年7月の新潟中越沖地震だけだったという。このため、古くからの言い伝えは迷信だと結論づけた。

 この研究結果は6月18日付けの米国地震学会誌に掲載された。調査にあたった東海大海洋研究所の織原義明特任准教授は「言い伝えが事実であれば防災に有益だと考えたが、そうではなかった。信じられている地方もあるが、地震の予知に役立つとは言えない」(朝日新聞DIGITAL 6月27日付)と語っている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ