謎の天体「オウムアムア」はエイリアンの乗り物ではなく…! 誰も気づかなかった“ヤバすぎる正体”を学者が発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 太陽系外のはるか彼方からやって来て地球に“ニアミス”した謎の天体、オウムアムア――。きわめてレアな宇宙現象なのか、それとも何らかの目的を持った“人工物”なのか。この謎に挑んだ14人の気鋭の天文学者が到達した結論とは……。

■謎の天体・オウムアムアの正体は?

 2017年10月に人類の天体観測史上初めて我々が確認した太陽系外からやって来た謎の天体、オウムアムア(Oumuamua)。これについてはさまざまな見解が語られているが、その中には人工物だとする“UFO説”もある。中にエイリアンが乗っていないにせよ、隕石にカムフラージュした探査機であるという指摘も説得力がありそうだが……。

 おそらく数百万年もの間、宇宙をさまよい続けていると思われるこのオウムアムアは、きわめて奇妙な天体である。2017年10月に太陽系に侵入し、そのまま太陽に近づき、帰路には地球にも“ニアミス”して立ち去ったオウムアムアは文字通り前代未聞の天体だ。その形状も奇妙で全長400メートルほどの細長い葉巻型であることが確認されている。これまでこのような形状の隕石や彗星が検知されたことはないということだ。

謎の天体「オウムアムア」はエイリアンの乗り物ではなく…! 誰も気づかなかったヤバすぎる正体を学者が発表!の画像1
オウムアムア 画像は「Wikimedia Commons」より

 この謎の恒星間天体であるオウムアムアについて、米ハーバード大学スミソニアン天体物理学センターの研究チームが昨年に発表した研究では、このオウムアムアが太陽系外知的生命体が送り込んだ探査機である可能性が示唆されて大きな反響を呼んだ。この怪しすぎるオウムアムアはやはりエイリアンの手による人工物ということなのか。

 しかし、そこに“待った”がかかったようだ。14名の天文学者から成る国際的なオウムアムア研究チーム「Oumuamua ISSI Team」が先日「Nature Astronomy」で発表した研究では、オウムアムアはUFOなどの人工物ではなく、天然の宇宙現象によるものであると結論づけたのだ。

謎の天体「オウムアムア」はエイリアンの乗り物ではなく…! 誰も気づかなかったヤバすぎる正体を学者が発表!の画像2
画像は「Wikimedia Commons」より

「私たちはこれまで太陽系内でオウムアムアのようなものを見たことがありません。本当にミステリアスなことです。しかし私たち(科学者)がすることは既知の類似物に固執することです。エイリアンのUFOであるという仮説は楽しい考えですが、我々の分析ではオウムアムアを説明することができるたくさんの自然現象があることを示しています」と研究チームのマチュー・ナイト氏は語る。

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

人気連載
あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

■あなたの“遊ばれやすさ”が判明! 「あなたが想像する“...

コメント

5:匿名 2019年8月4日 02:20 | 返信

>>1 に同意w

最近、宇宙関連の情報かく乱や事実否定が目立つね。
完全情報開示も中止したし。
上の奴らは、いつまで地球人をだまし続けるのかね、償うべき罪を増やし続けるのかね。

4:匿名 2019年7月26日 16:34 | 返信

ナウマン象のウンコだな、ウンコ。

3:匿名 2019年7月24日 09:12 | 返信

彗星はガスやチリの放出によって移動しているのではなく、太陽の重力により楕円軌道上を移動しています。彗星からガスやチリが放出されるのは、太陽風により彗星を作る物質が飛ばされるからで、彗星の運動に作用する現象ではありません。
よって、たとえからガスやチリが放出されていたとしても、太陽の重力の影響では説明できない運動をする原因となりません。
原典にあたっていないので確かなことは言えませんが、オウムアムアにおける問題は「太陽の重力に束縛されない双曲線軌道を描いている」ということでさないでしょうか?「太陽の重力に束縛されない」と言うのは、太陽の重力圏から脱出できるという意味です。楕円軌道も双曲線軌道も、太陽の重力に引かれる事で描く軌道です。楕円軌道は太陽の周りを回り続ける軌道で、双曲線軌道は一度太陽付近を通過したら二度と戻ってくることはありません。これが太陽の重力圏から脱出できるということです。
私が思うに本来の内容は、オウムアムアは「太陽などの特定の恒星に束縛されない(恒星の周りを回り続けない)」ことが問題になっていて、微惑星などが恒星系からはじき出された結果恒星と恒星の間の自由空間を移動している天体である。それが「今回太陽に近づいた際に、太陽重力に引かれて双曲線軌道を描き、再び太陽の重力圏外に出ていった」のではないでしょうか?
事実関係をもう一度確認することをおすすめします。

2:トランプ大統領 2019年7月23日 13:23 | 返信

何か分からないなら、一発打ち込んで見たら良い。避けたり、打ち返して来たら、中に知的障害者が入っていることが分かる。
行ってしまったなどと言うが、絶対に戻っているか、自爆して消滅していると思うのだ。
あの動きは奴しかいないし、昔から知られていないのも不自然であるし、必ずトカナの書き込みが影響して出現しているはずだ!犯人はこの中にいる。

1:匿名 2019年7月23日 13:12 | 返信

遺棄された古代の宇宙船だっつーの。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。