世界初! 量子もつれが画像で捉えられる!! 光速を超える相互作用の”不気味な神秘”の可視化に成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 かのアルバート・アインシュタインが「不気味な遠隔作用」と呼んだ量子もつれが、世界で初めてカメラに収められた。偉業を成し遂げたのは、英グラスゴー大学の物理学者らだ。

 

■世界初! 量子もつれを撮影

 かすれた輪のように並ぶのが、もつれた光子のスピンである。 物理学者たちは量子光源から発せられた光子を従来にない手法で照射することによって、液晶上に可視化することに成功した。

「Sky News」の記事より

 同大学に所属する天体物理学者、ポール・アントイン・モロー氏は、その意義について以下のように述べた。

「私たちが捉えた姿は天然の基本性質を簡潔に示すもので、画像としての形で初めて目にすることが出来ました。この素晴らしい結果は量子コンピューティングの発展を促し、可視化の分野においても新たな風を吹き込むでしょう」

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。