インドの7歳少年「526本の歯」を除去、驚愕の動画が話題! 歯が謎の「異常成長」…原因は電磁波の可能性も!?

関連キーワード:

,

,

,

,

 インドで7歳の男の子の顎から、526本もの歯を除去したという驚きのニュースが入ってきた。7月31日付で現地メディア「The New Indean Express」が報じている。

Chennai dentists extract 526 teeth from mouth of seven-year-old boy (The New Indean Express)

 7月11日、インド南部ベンガル湾に面する都市チェンナイの大学病院で、7歳の男の子P・ラヴィンドラン(P Ravindran)さんの手術が行われた。完全麻酔で1時間半ほどの外科手術で、男の子の顎からは巨大な腫瘍が除去された。

インドの7歳少年「526本の歯」を除去、驚愕の動画が話題! 歯が謎の「異常成長」…原因は電磁波の可能性も!?の画像1
画像は「YouTube」より引用

 この男の子は右下顎に腫れや痛みを訴えており、X線やCTスキャンによる検査の結果、原始的な歯がたくさん詰まった袋状の組織が見つかり、非常に稀な集合性・複合性歯牙腫(compound composite odontoma)という病気であると診断されていた。発見が早かったおかげか病状は初期段階だった。手術は無料で行われ、顎の再建のような難しい治療は必要なかったという。執刀した医師によると最も大変だったのは「本人の説得」だったそうだ。

 手術後、男の子から除去された組織の塊から、手作業で歯が取り出された。数人の医療関係者がピンセットなどを使って小さな歯を取り出し、それを渦巻き状に並べていく様子が動画で公開されている。

 黒っぽい塊から出てきた歯の数は、なんと526本にも及んだ。大きさは0.1〜15mmほどだったが、普通の歯のように歯冠と歯根が存在し、エナメルでコーティングされていた。医療関係者は「牡蠣殻から出てきた真珠のようでした」とその印象を語っている。

インドの7歳少年「526本の歯」を除去、驚愕の動画が話題! 歯が謎の「異常成長」…原因は電磁波の可能性も!?の画像2
並べられた歯。画像は「YouTube」より引用

 医師によると病気は男の子の臼歯の成長に影響を与えており、10代半ばでインプラントが必要になるというが、それ以外の歯には全く影響はないそうだ。手術前、男の子は笑うだけで痛みを感じていたというが、今はすっかり元気だという。

 病気の原因は不明だが、病理検査の結果は「異常成長」を示していたという。遺伝によるものとも考えられるが、携帯電話の基地局の影響という可能性も除外できないとのことだ。もし本当に基地局が原因の一つであったとしたら、実に気味の悪い話である。

参考:「The New Indean Express」「Newsweek」ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ